加来耕三

加来耕三

かくこうぞう

1958年、大阪市生まれ。歴史家、作家。奈良大学卒業後、同大学文学部研究員を経て、現在は著作活動のほか、テレビ・ラジオ番組への出演や、番組の時代考証・企画・監修・構成に携わる。著書に『真田と「忍者(しのび)」』(講談社)、『歴史の失敗学』(日経BP)、『コミック版 日本の歴史』シリーズ既刊75巻(企画・構成・監修/ポプラ社)など多数。立花宗茂をテーマとした『加来耕三が柳川で大河ドラマをつくってみた 超拡大!放送尺22倍SP(RKB毎日放送)』が第57回ギャラクシー賞優秀賞(2019年度)を受賞

ページのトップへ