加藤一二三

加藤一二三

かとう・ひふみ

1940年、福岡県生まれ。早稲田大学中退。54年、当時の史上最年少記録となる14歳7カ月で四段に昇段してから、2017年6月20日の引退まで、62年10カ月にわたりプロ棋士として活躍した。通算成績は2505戦1324勝1180敗1持将棋。現役引退時点で、勝利数は歴代3位、対局数と敗戦数は歴代1位。名人(1期)、十段(3期)、王位(1期)、棋王(2期)、王将(1期)と五つのタイトルを計8期獲得した。17年1月には、史上最高齢となる77歳0カ月での勝利。将棋界で6人目(当時)となる紫綬褒章を受章ローマ法王、ヨハネ・パウロ2世から聖シルベストロ騎士勲章を受章。近年は、「ひふみん」の愛称でテレビのバラエティー番組など多くのメディアに出演。17年、仙台白百合女子大学客員教授に就任した

ページのトップへ