岸惠子

岸惠子

きし・けいこ

1932年神奈川県生まれ。51年にデビュー、映画界を代表する女優となる。57年に渡仏するも、これまで90本あまりの映画に出演。代表作に『君の名は』『雪国』『おとうと』『かあちゃん』など。作家としても活躍し、『巴里の空はあかね雲』で文芸大賞エッセイ賞を、『ベラルーシの林檎』で日本エッセイストクラブ賞を受賞した。小説『わりなき恋』はベストセラーに。最新刊はエッセイ集『孤独という道づれ』。2019年6月27日まで、トークショー『岸惠子ひとり語り 輝ける夕暮れ』開催中 (写真撮影;Ikuo Yamashita)

ページのトップへ