「推し本」の記事一覧

【山椒(サンショウ)】英語では「ジャパニーズ・ペパー」日本では古くは「ハジカミ(椒)」とよばれた小粒でピリリと辛いはじける実
専門家
【山椒(サンショウ)】英語では「ジャパニーズ・ペパー」日本では古くは「ハジカミ(椒)」とよばれた小粒でピリリと辛いはじける実
田中修2022年05月15日
【100歳の100の知恵】5月はグリーンピースの最盛期! おススメはお茶漬けのように食べる「煮びたし」
寄稿
【100歳の100の知恵】5月はグリーンピースの最盛期! おススメはお茶漬けのように食べる「煮びたし」
吉沢久子2022年05月13日
【カーネーション】母の日に起こった悲劇。花を枯らした犯人は?萎れないように改良された「ミラクル・ルージュ」の誕生
専門家
【カーネーション】母の日に起こった悲劇。花を枯らした犯人は?萎れないように改良された「ミラクル・ルージュ」の誕生
田中修2022年05月01日
フォトグラファー相原正明「モノクロ撮影は光と影を見つめなおす作業。絞りとシャッター速度の設定で、景色はいかようにも変化する」
専門家
フォトグラファー相原正明「モノクロ撮影は光と影を見つめなおす作業。絞りとシャッター速度の設定で、景色はいかようにも変化する」
相原正明2022年04月29日
【100歳の100の知恵】この時期美味しいグリーンピースごはん。重視すべきは色か、それとも味と香りか
寄稿
【100歳の100の知恵】この時期美味しいグリーンピースごはん。重視すべきは色か、それとも味と香りか
吉沢久子2022年04月29日
沖田修一×高良健吾「たまに撮ってること忘れて笑っちゃうんだよね」「奇跡的なハプニングが待っている現場だったんです」
対談
沖田修一×高良健吾「たまに撮ってること忘れて笑っちゃうんだよね」「奇跡的なハプニングが待っている現場だったんです」
沖田修一高良健吾2022年04月25日
沖田修一×高良健吾「キスシーンでは劇場で口笛が鳴った。一目で〈これが祥子ちゃん〉とわかる吉高由里子さん」
対談
沖田修一×高良健吾「キスシーンでは劇場で口笛が鳴った。一目で〈これが祥子ちゃん〉とわかる吉高由里子さん」
沖田修一高良健吾2022年04月25日
80代の科学者・中村桂子「なぜ賢いはずの人間が核兵器をつくったのか。今こそ中村哲医師の活動を思い出して」
専門家
80代の科学者・中村桂子「なぜ賢いはずの人間が核兵器をつくったのか。今こそ中村哲医師の活動を思い出して」
中村桂子2022年04月19日
【辛夷(コブシ)】源氏と平家の最後の合戦「壇ノ浦の戦い」。平家の落ち武者を追い詰めたのはいっせいに咲いた白い花
専門家
【辛夷(コブシ)】源氏と平家の最後の合戦「壇ノ浦の戦い」。平家の落ち武者を追い詰めたのはいっせいに咲いた白い花
田中修2022年04月17日
科学者・中村桂子「何のために生きているのか」という満男の質問への秀逸すぎる寅さんの答え。寅さんからたくさん元気をもらって
専門家
科学者・中村桂子「何のために生きているのか」という満男の質問への秀逸すぎる寅さんの答え。寅さんからたくさん元気をもらって
中村桂子2022年04月13日
【100歳の100の知恵】ごちそうになった「春キャベツたっぷりのパスタ」を気に入って。人に教わる味も家庭料理を豊かにしてくれる
寄稿
【100歳の100の知恵】ごちそうになった「春キャベツたっぷりのパスタ」を気に入って。人に教わる味も家庭料理を豊かにしてくれる
吉沢久子2022年04月12日
レジェンド科学者・中村桂子 80代で辿り着いた『これでいいのだ』の境地。「できない」と嘆かず「逆らわない」
専門家
レジェンド科学者・中村桂子 80代で辿り着いた『これでいいのだ』の境地。「できない」と嘆かず「逆らわない」
中村桂子2022年04月11日
恋人がもし地縛霊だったなら。幸せそうなカップルの真実は…。世界幻想文学大賞受賞『おばちゃんたちのいるところ』を『ブランチライン』の池辺葵がコミカライズ!
寄稿
恋人がもし地縛霊だったなら。幸せそうなカップルの真実は…。世界幻想文学大賞受賞『おばちゃんたちのいるところ』を『ブランチライン』の池辺葵がコミカライズ!
池辺葵松田青子2022年04月11日
死んだ際に風習で髪を剃られた妻。つるつる頭で再婚した夫の前に化けて出ると…。世界幻想文学大賞受賞『おばちゃんたちのいるところ』を『Kissxxxx』の楠本まきがコミカライズ!
寄稿
死んだ際に風習で髪を剃られた妻。つるつる頭で再婚した夫の前に化けて出ると…。世界幻想文学大賞受賞『おばちゃんたちのいるところ』を『Kissxxxx』の楠本まきがコミカライズ!
楠本まき松田青子2022年04月07日
世界幻想文学大賞受賞!『おばちゃんたちのいるところ』。〈死んでからのほうが生き生きとしている妻〉が放つ爽快な本音とは? 共感必至の短篇「楽しそう」前半部を公開
寄稿
世界幻想文学大賞受賞!『おばちゃんたちのいるところ』。〈死んでからのほうが生き生きとしている妻〉が放つ爽快な本音とは? 共感必至の短篇「楽しそう」前半部を公開
松田青子2022年04月05日
【平戸躑躅(ヒラドツツジ)】生まれ故郷・長崎の平戸が名前につくめずらしい植物。「バラ」と「樹木」が学名の由来
専門家
【平戸躑躅(ヒラドツツジ)】生まれ故郷・長崎の平戸が名前につくめずらしい植物。「バラ」と「樹木」が学名の由来
田中修2022年04月03日
【100歳の100の知恵】筍の季節。たけのこごはん、若竹汁はもちろん、季節感を味わいたいときには「春のごちそうサラダ」を
寄稿
【100歳の100の知恵】筍の季節。たけのこごはん、若竹汁はもちろん、季節感を味わいたいときには「春のごちそうサラダ」を
吉沢久子2022年04月01日
【桃(モモ)】「桃の節句」ではなく、今が咲き頃。卑弥呼の時代から魔よけと不老長寿の果実と親しまれ、果樹園も作られた
専門家
【桃(モモ)】「桃の節句」ではなく、今が咲き頃。卑弥呼の時代から魔よけと不老長寿の果実と親しまれ、果樹園も作られた
田中修2022年03月20日
【100歳の100の知恵】ひとり暮らしでも新キャベツを丸ごと買ってしまうわけ。買った日に作りたくなる「新キャベツと鶏肉の煮込み」レシピ
寄稿
【100歳の100の知恵】ひとり暮らしでも新キャベツを丸ごと買ってしまうわけ。買った日に作りたくなる「新キャベツと鶏肉の煮込み」レシピ
吉沢久子2022年03月18日
相手の感情を読み取りたいなら、表情を上下に分けて分析! FBIやCIAでも採用の「表情読み取りスキル」で人との関わり方は激変する
専門家
相手の感情を読み取りたいなら、表情を上下に分けて分析! FBIやCIAでも採用の「表情読み取りスキル」で人との関わり方は激変する
清水建二2022年03月15日
ページのトップへ