初めて夫婦揃っての取材に応じるお二人(撮影:本社写真部)

ロックバンドLUNA SEAの真矢さんと元モーニング娘。の石黒彩さんが、現在発売中の『婦人公論』5月28日号で、夫婦関係についての取材に応じている。意外にも、夫婦揃っての取材は初めてだという。

「ツーショットで撮影してもらうのも初めてでしょう。せっかくの機会だから、私も真矢くんのネクタイとお揃いの色のワンピースを着てきたの」と石黒さん。

「人気ロックバンドのドラマーと絶頂期のアイドルの結婚」として注目を浴びたのが19年前。すぐに子どもを授かり、石黒さんは仕事をセーブして子育て中心の生活に入った。年月を経て3人のお子さんも、18歳、16歳、14歳に。現在は夫婦ふたりの時間も増えたようだが、「子育てに追われていた時期は、それぞれが別々に過ごしている時間のほうが多かった」(真矢さん)という。

子どもが小さい頃には、真矢さんが自宅とは別に仕事場を借りたことで、「別居・離婚」と週刊誌に騒がれたこともある。

二人は当時の騒動を振り返って話す。「あれはまったくの誤解。アーティストは、自宅以外にスタジオや仕事部屋を持っているのが普通でしょう」と石黒さん。真矢さんも「こう見えて、僕はかなり神経が細いので、ライブの前になるとピリピリして眠れなくなってしまう。ひとりになれるスペースを借りただけの話なんだけど……」と事情を明かす。ところが、バラバラの生活は意外にも夫婦関係にいい影響を与えたそうで……。

他にも、夫婦ゲンカのルールや、今後の夫婦生活についてなど、プライベートな話満載。
くわしくは発売中の『婦人公論』5月28日号でご覧ください。


『婦人公論』5月28日号、好評発売中です!

 
購入はこちら