自分の家から追い出され、情けなくて涙が

そのままわが家に居座って仕事にもつかない息子。ある時、突然、

「今日はじっくり話そうぜ。ここに座れよ」

と言い出した。東京で元夫に私の悪口を吹き込まれたようだった。私は仕事に行かないとならない時間で、困って「これから出かけるから」と自宅を出た。

すると、後ろからドドッと足音がする。なんと息子がはだしで追いかけてくるではないか。

「逃げるなよ! お前はいつも忙しいって言って、話もちゃんとしたことがないだろ!」

その剣幕に私は恐怖を感じて、思わずエレベーターに乗り込み逃げた。息子は普段は無口なのに、時々、急に威圧的な態度になるのだ。

またある日、脅すようにこう言う。

「携帯電話がないから仕事もできないんだよ。何とかしろよ。今日は必ず携帯を買って来いよ。買って来ないと家に入れないからな」

仕方なく私は携帯を買いに行ったが、過去の未払いがあるらしく、購入ができなかった。

どうしたものか……。帰り道、私は悔しくて、情けなくて、思わず泣いてしまった。

しばらくして、息子が帰宅しない日が続いた。4日目のこと、私が帰宅するとマンションの入り口でスーツ姿の男性2人、女性1人に取り囲まれた。

「あなたの息子さんが大麻所持でつかまりました。家のなかを見せてもらいます」

えーっ!

プロというのはすごいもので、私があ然としているうち、ものの3分で息子の部屋から目的のものを見つけたようだった。

それから弁護士より電話があり、説明を受けた。仕方なく着替えなどを持って面会に行くことに。しかし、5日ぶりに会う息子は、悪びれる様子もないのだった。

「たいしたことない。知人からもらっただけさ」

わが子ながら、ひどい息子だ。私の育て方が原因だろうか。生活に追われるばかりだった。それが悪かったのか……。

10日ほどして、息子は何ごともなかったかのような顔をして家に帰ってきた。そして唐突に「勝手に産みやがって!」と言ったのだ。

「……もう親子の縁を切ろうか」と私が返すと、「親子の縁は切れないよ!」と息子。「切れますよ!切ってやろうか!」と私。話は平行線のままだ。

しばらくして、彼女ができた息子は家を出て同棲を始めた。最初のうちは彼女と2人で、私の誕生日などにプレゼントを持ってきたこともあったが、最近は姿を見せない。近所に住んでいても、他人以上に他人である。

もうトラブルに巻き込まれるのはたくさんだ。私はゆっくり生活したい。「息子に会わない幸せ」というのもある、と今は考えている。「勝手に産みやがって」と言った息子は、子どもをつくるのだろうか。自分の子どもにも、同じことを言われるのだろうか。私はつい意地悪に考えてしまう。

 


婦人公論では「読者体験手記」を随時募集しています。

現在募集中のテーマはこちら

アンケート・投稿欄へ