手記

朝ドラ『エール』で話題!三浦環の軌跡〈4〉「お蝶婦人をやって頂きたいのです」
手記 朝ドラ『エール』で話題!三浦環の軌跡〈4〉「お蝶婦人をやって頂きたいのです」 お蝶夫人自叙伝「偽りなき過去」
三浦環
朝ドラ『エール』で話題!三浦環の軌跡〈3〉「マダム・ミウラ。貴女の声は実に美しい」
手記 朝ドラ『エール』で話題!三浦環の軌跡〈3〉「マダム・ミウラ。貴女の声は実に美しい」 お蝶夫人自叙伝「偽りなき過去」
三浦環
30年来入るなと厳命されてきた母の部屋。押し入れは〈パンドラの箱〉だった
手記 30年来入るなと厳命されてきた母の部屋。押し入れは〈パンドラの箱〉だった 【読者体験手記】親のマル秘コレクションに絶句
大谷洋子
終の住処で、75年前の戦禍を思い出す。引き揚げ船が機雷で沈んだ日を
手記 終の住処で、75年前の戦禍を思い出す。引き揚げ船が機雷で沈んだ日を 【私たちのノンフィクション】家族の無事を願い、ただ祈るしかなかった
柿本明美
味のない味噌汁、チンしたコロッケ…母とは正反対の「完璧な主婦」に執着しすぎて落ちた穴
手記 味のない味噌汁、チンしたコロッケ…母とは正反対の「完璧な主婦」に執着しすぎて落ちた穴 【私たちのノンフィクション】母の死で完全に自立できたはずが
代田瑠璃子
ソファの裏に隠してあった怪しいDVDの数々…真面目な父の別の一面を知った日
手記 ソファの裏に隠してあった怪しいDVDの数々…真面目な父の別の一面を知った日 【読者体験手記】親のマル秘コレクションに絶句
小島恵
産後うつで離婚。死線をさまよい、発見されたときは骨と皮ばかりに
手記 産後うつで離婚。死線をさまよい、発見されたときは骨と皮ばかりに 【私たちのノンフィクション】夢見たのは、娘と再び暮らすこと
矢沢俊子
相続は血とともに流れた──。夫の死後、連れ子たちから告げられた「別れ」
手記 相続は血とともに流れた──。夫の死後、連れ子たちから告げられた「別れ」 【私たちのノンフィクション】住み慣れたわが家を旅立つ朝の景色は
朝倉さき子
富裕層と貧困層の部屋の違いは? 不必要なものを捨てていくうちに、気づいたこと
手記 富裕層と貧困層の部屋の違いは? 不必要なものを捨てていくうちに、気づいたこと 【読者体験手記】「もういいや」と手放したのは、大切なアレ
大木まい
威圧的で、なんだか怪しい…。買取業者の電話攻勢に負けてしまったがために
手記 威圧的で、なんだか怪しい…。買取業者の電話攻勢に負けてしまったがために 【読者体験手記】「もういいや」と手放したのは、大切なアレ
梶原和子
愛猫との別れから2年。寂しさに耐え切れず、単2電池で動く家族を迎え入れて
手記 愛猫との別れから2年。寂しさに耐え切れず、単2電池で動く家族を迎え入れて 【読者体験手記】失ったものの大きさに打ちひしがれて
田村幸恵
25年もの間、許されない関係を続けた彼と私。ある日突然、連絡が途絶えて…
手記 25年もの間、許されない関係を続けた彼と私。ある日突然、連絡が途絶えて… 【読者体験手記】失ったものの大きさに打ちひしがれて
本田奈津子
職を失っては生活できない! 75歳パート女性の再就職サバイバル
手記 職を失っては生活できない! 75歳パート女性の再就職サバイバル ある日、契約終了の通知書が届いた
菅野マリ
「親父は変わり者のケチで、人使いが荒い」と夫。同居すると、舅は想像以上だった
手記 「親父は変わり者のケチで、人使いが荒い」と夫。同居すると、舅は想像以上だった 【読者体験手記】トンデモな肉親を持つ、私の夫
山川清美
総スカンの姑を引き取って8年。その葬儀に、彼らは笑いながらやってきた
手記 総スカンの姑を引き取って8年。その葬儀に、彼らは笑いながらやってきた 【読者体験手記】トンデモな肉親を持つ、私の夫
藤田朱未
親の介護を発端に、私を恨み続けた妹。遺体になっても対面できないとは
手記 親の介護を発端に、私を恨み続けた妹。遺体になっても対面できないとは 【読者体験手記】介護で見えたきょうだいの腹の内
小野真知子
舅の死後、遺産放棄を要求してきた義弟。姑の面倒を見ると思いきや、ネグレクト状態に
手記 舅の死後、遺産放棄を要求してきた義弟。姑の面倒を見ると思いきや、ネグレクト状態に 【読者体験手記】介護で見えたきょうだいの腹の内
高田明子
人間で言えば95歳の大往生だったクサガメ。ひんやりとしたあの甲羅を忘れない
手記 人間で言えば95歳の大往生だったクサガメ。ひんやりとしたあの甲羅を忘れない 突然の別れがこれほどつらいとは
大川まなみ
「一家の大黒柱」として働き続けて70歳。年金受給額の低さは想定外だった
手記 「一家の大黒柱」として働き続けて70歳。年金受給額の低さは想定外だった 【読者体験手記】古希を過ぎての「こんなはずじゃなかった!」
村井永子
働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈3〉
手記 働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈3〉 50歳の夏に、私はがんを告知された
直島加奈
ページのトップへ