手記

25年もの間、許されない関係を続けた彼と私。ある日突然、連絡が途絶えて…
手記 25年もの間、許されない関係を続けた彼と私。ある日突然、連絡が途絶えて… 【読者体験手記】失ったものの大きさに打ちひしがれて
本田奈津子
「親父は変わり者のケチで、人使いが荒い」と夫。同居すると、舅は想像以上だった
手記 「親父は変わり者のケチで、人使いが荒い」と夫。同居すると、舅は想像以上だった 【読者体験手記】トンデモな肉親を持つ、私の夫
山川清美
総スカンの姑を引き取って8年。その葬儀に、彼らは笑いながらやってきた
手記 総スカンの姑を引き取って8年。その葬儀に、彼らは笑いながらやってきた 【読者体験手記】トンデモな肉親を持つ、私の夫
藤田朱未
親の介護を発端に、私を恨み続けた妹。遺体になっても対面できないとは
手記 親の介護を発端に、私を恨み続けた妹。遺体になっても対面できないとは 【読者体験手記】介護で見えたきょうだいの腹の内
小野真知子
舅の死後、遺産放棄を要求してきた義弟。姑の面倒を見ると思いきや、ネグレクト状態に
手記 舅の死後、遺産放棄を要求してきた義弟。姑の面倒を見ると思いきや、ネグレクト状態に 【読者体験手記】介護で見えたきょうだいの腹の内
高田明子
人間で言えば95歳の大往生だったクサガメ。ひんやりとしたあの甲羅を忘れない
手記 人間で言えば95歳の大往生だったクサガメ。ひんやりとしたあの甲羅を忘れない 突然の別れがこれほどつらいとは
大川まなみ
「一家の大黒柱」として働き続けて70歳。年金受給額の低さは想定外だった
手記 「一家の大黒柱」として働き続けて70歳。年金受給額の低さは想定外だった 【読者体験手記】古希を過ぎての「こんなはずじゃなかった!」
村井永子
働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈3〉
手記 働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈3〉 50歳の夏に、私はがんを告知された
直島加奈
働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈2〉
手記 働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈2〉 50歳の夏に、私はがんを告知された
直島加奈
働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈1〉
手記 働き盛りの私を襲った悪性リンパ腫「会いたい。あの日の顔も知らない戦友たちに」〈1〉 50歳の夏に、私はがんを告知された
直島加奈
年金受給年齢を繰り上げたいのに、夫は許さず。貯金が底をつき、カードローンに手を出して
手記 年金受給年齢を繰り上げたいのに、夫は許さず。貯金が底をつき、カードローンに手を出して 【読者体験手記】古希を過ぎての「こんなはずじゃなかった!」
中川聖子
ビール工場ツアーに「おひとりさま」で参加。あれよあれよと空のグラスが重なって
手記 ビール工場ツアーに「おひとりさま」で参加。あれよあれよと空のグラスが重なって 【読者体験手記】ひとり旅デビューでビックリ体験
種田さえ子
50代で介護福祉士の資格をとったのに、面接では門前払い
手記 50代で介護福祉士の資格をとったのに、面接では門前払い 【読者体験手記】どうして熱意も知識もある人を粗末にするの?
鈴木幸恵
還暦過ぎの初ひとり旅は地中海クルーズツアー。現れた異国の美青年は
手記 還暦過ぎの初ひとり旅は地中海クルーズツアー。現れた異国の美青年は 【読者体験手記】ひとり旅デビューでビックリ体験
野俣和子
連日アポなし訪問してくる姑に耐えた30年。ついに絶縁を言い渡す
手記 連日アポなし訪問してくる姑に耐えた30年。ついに絶縁を言い渡す 【読者体験手記】人生後半、捨て身の覚悟で大勝負
千葉知子
定年後だって、働きたい! 遠く離れた北海道で住み込みの仲居になって
手記 定年後だって、働きたい! 遠く離れた北海道で住み込みの仲居になって 【読者体験手記】人生後半、捨て身の覚悟で大勝負
下枝弘美
転勤族の父に伴い20ヵ所以上渡り歩き…。学校も職も転々とした女性の老後は
手記 転勤族の父に伴い20ヵ所以上渡り歩き…。学校も職も転々とした女性の老後は 【読者体験手記】人生の「ハズレクジ」を引いた私
田島美佳子
夫が実家で自由を謳歌し、5年に1度しか帰らない…老後にきた「まさか」の坂
手記 夫が実家で自由を謳歌し、5年に1度しか帰らない…老後にきた「まさか」の坂 【読者体験手記】人生の「ハズレクジ」を引いた私
前田るり
義祖母の家がシロアリに…親子四代にわたる片づけ騒動の悲しき結末
手記 義祖母の家がシロアリに…親子四代にわたる片づけ騒動の悲しき結末 あぁ、相続貧乏
林紀子
夏井いつき「文章も俳句も、美しいだけでは人の心に届かない」
手記 夏井いつき「文章も俳句も、美しいだけでは人の心に届かない」 「私の読後感」自分の醜い感情と向き合うことで、作品は輝きを放ち出す
夏井いつき
ページのトップへ