三島由紀夫

三島由紀夫

みしま・ゆきお

一九二五(大正一四)年東京生まれ。本名・平岡公威。東京大学法学部卒業。在学中の四四(昭和一九)年に創作集『花ざかりの森』を刊行。四七年大蔵省に入り翌年退官。四九年刊行の『仮面の告白』で名声を確立。以後、『潮騒』にて新潮社文学賞、『白蟻の巣』にて岸田演劇賞、『金閣寺』にて読売文学賞、『絹と明察』にて毎日芸術賞、『サド侯爵夫人』にて芸術祭賞などを受賞した。六八年、「楯の会」を結成し、七〇(昭和四五)年、『豊饒の海』を脱稿後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。

ページのトップへ