村山由佳

村山由佳

むらやま・ゆか

1964年東京都生まれ。立教大学文学部卒業後、会社員を経て、作家デビュー。2003年『星々の舟』で直木賞、09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞などを受賞。21年『風よ あらしよ』で吉川英治文学賞を受賞。近著に『燃える波』(小社刊)など

ページのトップへ