「歴史」の記事一覧

夜ふけまでまさぐられてもヤマトタケルが男と気づかれなかったワケ。神の力か、それとも美しさか
寄稿 夜ふけまでまさぐられてもヤマトタケルが男と気づかれなかったワケ。神の力か、それとも美しさか 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第11回
井上章一
渋澤健「『青天を衝け』は「希望を持つ」ということ。渋沢栄一の玄孫が語る、日本人の『と』の力」
インタビュー 渋澤健「『青天を衝け』は「希望を持つ」ということ。渋沢栄一の玄孫が語る、日本人の『と』の力」
渋澤健
ヤマトタケルの女装譚は神の加護を強調するための「設定」だった? その呪的な力の由来を追う
寄稿 ヤマトタケルの女装譚は神の加護を強調するための「設定」だった? その呪的な力の由来を追う 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第10回
井上章一
女装して敵を籠絡するヤマトタケルは中国で英雄視されない?近年トリックスター性が見出され始めたワケ
寄稿 女装して敵を籠絡するヤマトタケルは中国で英雄視されない?近年トリックスター性が見出され始めたワケ 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第9回
井上章一
大河ドラマ『どうする家康』新キャスト発表。信長役の岡田准一「松潤を振り回し、ムロツヨシを引きずり回したい」
大河ドラマ『どうする家康』新キャスト発表。信長役の岡田准一「松潤を振り回し、ムロツヨシを引きずり回したい」 有村架純、阿部寛、野村萬斎も出演
婦人公論編集部
ヤマトタケルの物語は女装する英雄像の先駆け? 主人公が「受け」から「責め」へと唐突に転換
寄稿 ヤマトタケルの物語は女装する英雄像の先駆け? 主人公が「受け」から「責め」へと唐突に転換 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第8回
井上章一
牛若は「千人斬り」をこころざす殺人鬼か? 義経と弁慶、悪役はどちら
寄稿 牛若は「千人斬り」をこころざす殺人鬼か? 義経と弁慶、悪役はどちら 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第7回
井上章一
マゾヒズムに一生を捧げた文豪・谷崎潤一郎。山口晃・近藤聡乃が谷崎作品を漫画にしたら
対談 マゾヒズムに一生を捧げた文豪・谷崎潤一郎。山口晃・近藤聡乃が谷崎作品を漫画にしたら 【対談】『谷崎マンガ』巻末対談より
山口晃 近藤聡乃
出っ歯よばわりをされた、もう一人の「義経」。源義経の美形説を信じたいがゆえに
寄稿 出っ歯よばわりをされた、もう一人の「義経」。源義経の美形説を信じたいがゆえに 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第6回
井上章一
近松、馬琴も…江戸文学は義経の美貌説が花盛り。司馬遼太郎は出っ歯をチャーム・ポイントに
寄稿 近松、馬琴も…江戸文学は義経の美貌説が花盛り。司馬遼太郎は出っ歯をチャーム・ポイントに 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第5回
井上章一
義経像の美化の裏に「美童」の存在。奥州に落ち延びる際にはひどい描かれ方に
寄稿 義経像の美化の裏に「美童」の存在。奥州に落ち延びる際にはひどい描かれ方に 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第4回
井上章一
伊東潤×本郷和人「湿地帯で片田舎の江戸に太田道灌が着目し、徳川家康が幕府を開いたのは必然だった」
対談 伊東潤×本郷和人「湿地帯で片田舎の江戸に太田道灌が着目し、徳川家康が幕府を開いたのは必然だった」 「戦国の鬼」長尾景春の生涯から日本史を知る
伊東潤 本郷和人
伊東潤×本郷和人「『やるかやられるか』の関東が畿内に先駆けて戦国時代に突入したワケ」
対談 伊東潤×本郷和人「『やるかやられるか』の関東が畿内に先駆けて戦国時代に突入したワケ」 「戦国の鬼」長尾景春はなぜ下剋上を起こしたのか
伊東潤 本郷和人
宝塚・宙組が演じて話題の「シャーロック・ホームズ」。研究家が指南する最高の愉しみ方
専門家 宝塚・宙組が演じて話題の「シャーロック・ホームズ」。研究家が指南する最高の愉しみ方 これであなたも「シャーロッキアン」に!?
北原尚彦
川奈まり子「〈怖い話〉を5000件以上取材して。「怪談」は今、井戸や墓場では起きない」
インタビュー 川奈まり子「〈怖い話〉を5000件以上取材して。「怪談」は今、井戸や墓場では起きない」 亡くなった方も、今の社会とともに生きている
川奈まり子
源義経は楊貴妃に匹敵する美形か、ひどい出っ歯か。くいちがう容貌の描かれ方
寄稿 源義経は楊貴妃に匹敵する美形か、ひどい出っ歯か。くいちがう容貌の描かれ方 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第3回
井上章一
【書評】「ふつう」の人々が彼女たちを危険でエロティックな珍獣として見物した~『狂女たちの舞踏会』
エッセイ 【書評】「ふつう」の人々が彼女たちを危険でエロティックな珍獣として見物した~『狂女たちの舞踏会』 【書評】『狂女たちの舞踏会』著◎ヴィクトリア・マス 訳◎永田千奈
川口晴美
義経を女装者にしたてたのは誰か。僧侶たちにも天狗にも…「鞍馬のアイドル」として愛された美少年
寄稿 義経を女装者にしたてたのは誰か。僧侶たちにも天狗にも…「鞍馬のアイドル」として愛された美少年 連載「女になった英雄たち ヤマトタケルから帝国日本へ」(井上章一)第2回
井上章一
【書評】〈許容する社会〉を女性首相サッチャーの登場が終わらせたという皮肉 ~『イギリス1960年代 ビートルズからサッチャーへ』
エッセイ 【書評】〈許容する社会〉を女性首相サッチャーの登場が終わらせたという皮肉 ~『イギリス1960年代 ビートルズからサッチャーへ』 【書評】『イギリス1960年代 ビートルズからサッチャーへ』著◎小関隆
仲俣暁生
女に見まごう美少年・源義経。つわものの弁慶が家来になった理由
寄稿 女に見まごう美少年・源義経。つわものの弁慶が家来になった理由 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」(井上章一)第1回
井上章一
ページのトップへ