脱毛というと、若い女性がするものと思っている人が多いかもしれない。ところが今、エステサロンや美容クリニックで行う脱毛が、50代、60代、70代にまで広がっているという。ムダ毛の悩みはいくつになっても尽きないとはいえ、なぜ年を重ねた今なのか? 体験者の心のうちを探ってみた。 

見苦しい姿は見られたくない〜野本さんの場合

都内に暮らす野本恵子さん(55歳・主婦、仮名=以下同)は、50歳のときにワキの永久脱毛に思い切って挑戦した。

「学生時代、オリンピック出場を目標に、水泳に打ち込んでいたのです。でも夢は儚く破れ、社会人になって以来、水泳から遠のいていました」

その後、野本さんは25歳で寿退社。翌年に長男を、28歳で次男を出産する。

「出産後は余裕もなく、子育てに追われる毎日。早く自由に使える時間がほしいと思っていたのに……。息子たちが独立した途端、ポッカリ心に穴があいたような虚しさに襲われてしまって。いわゆる空の巣症候群だったんです。そんなとき、昔の水泳仲間から『一緒に泳がない?』って誘われて、気分転換のつもりではじめることに」

すると学生時代の感覚をすぐに思い出し、水泳に夢中になったという野本さん。昔とった杵柄か、めきめき頭角を現す。ほどなくして大会に出場しないかとコーチに勧められ、週に3回スイミングスクールに通うようになった。

「そうしたら、ワキ毛の処理が気になって。昔から、水着を着たときのワキ毛が気になってはいたんです。でも、オリンピックを目指していた学生時代は、30万円くらいかかるうえに、泣くほど痛いと聞いたから諦めました。それが今はずいぶんと手頃な価格で施術できるようになって、びっくり。2年ほどかけて数回サロンに通い、合計3万円くらいで両ワキの脱毛ができました。技術が進歩したのでしょう。痛みもさほど苦になりませんでしたよ。もう気持ちもスッキリ、泳ぐことに集中できています」

ワキ毛の脱毛は、野本さんに思わぬ効果をもたらしたという。

「脱毛したら、嘘のように首や肩のこりがなくなったのです。私は肌がカミソリ負けしてしまう質なので、ずっと毛抜きで一本ずつ抜いていました。そのときに無理な姿勢をしていたのが、肩こりの原因だったみたいです。そういえば目の疲れも取れたような気がします。若い頃は難なくやっていたことができなくなるんですよね、この年齢になると。経済的にも時間的にも余裕のある50代以降が、“脱毛適齢期”なのだという気がします」

経済的余裕のある50代は「脱毛適齢期」

大会に出る同年代の仲間内でも、永久脱毛は常識だという。

「シルバークラスの大会には、私よりずっと年上の80代の女性が数人出場しています。私もその女性たちのように、あと30年近く泳ぎ続けられるかもしれない。そう考えたら、ムダ毛の脱毛をする価値が十分にあるね、と同年代の水泳仲間と話し合っているんですよ。自己処理をする手間が省けて便利だというだけでなく、脱毛すると肌がツルツルになるので、女っぷりが上がったようで気分が高揚する。みんな色めきたってますよ。だってコーチが若いイケメンなんだもの」

若いイケメンコーチ! なにやら気になる発言だ。もしかして、それが本音なのでは? と訊いてみた。

「息子ほども年の離れたコーチのことを恋愛対象として見ている人はいないと思います。とはいえ、できるだけ見苦しい姿は見られたくないというのが女心というものなのではないでしょうか」

いくつになっても女は女。第二の人生を満喫する野本さんのハツラツとした笑顔が印象的だった。