望海風斗

望海風斗

のぞみ・ふうと

神奈川県出身。2001年、宝塚音楽学校に入学。03年、89 期生として宝塚歌劇団に次席入団、花組に配属。09年『太王四神記』で新人公演、12年に『Victorian Jazz』で宝 塚バウホール初主演。14年、雪組に組替え。15年『アル・ カポネ-スカーフェイスに秘められた真実-』、16年『ドン・ ジュアン』に主演。17年に雪組トップスター就任、相手役に真彩希帆を迎えた。トップ就任後は洋物ミュージカルから時代劇まで幅広い作品でファンを魅了し、悲劇では散り際の美学を際立たせた。2020年は不測の事態に見舞われつつも初コンサートを成功へ導いた

ページのトップへ