桜木紫乃

桜木紫乃

さくらぎ・しの

1965年北海道生まれ。中学生のときに原田康子の『挽歌』に影響を受ける。高校卒業後裁判所に勤務し、24歳で結婚、専業主婦に。2児を出産後に文芸誌『北海文学』の同人として活動し、2002年「雪虫」で第82回オール讀物新人賞を受賞。13年『ラブレス』で第19回島清恋愛文学賞、『ホテルローヤル』で第149回直木賞を受賞した。近著に『ふたりぐらし』『光まで5分

ページのトップへ