芸能

僧侶・川村妙慶「夢を諦めきれなかった私に、執着・嫉妬を手放させた〈仏の教え〉」
インタビュー 僧侶・川村妙慶「夢を諦めきれなかった私に、執着・嫉妬を手放させた〈仏の教え〉」 棄てきった先に、新しい世界が待っている
川村妙慶
山田邦子「毎日新しい体験ばかり!59歳、事務所を退社した理由」
インタビュー 山田邦子「毎日新しい体験ばかり!59歳、事務所を退社した理由」 文句を言うぐらいなら自分でやればいい
山田邦子
カルーセル麻紀が桜木紫乃に語る「15歳のときに家出して、ゲイボーイに。自分の居場所は自分で作る」
対談 カルーセル麻紀が桜木紫乃に語る「15歳のときに家出して、ゲイボーイに。自分の居場所は自分で作る」 「開拓者の血」を受け継いで
カルーセル麻紀 桜木紫乃
松本幸四郎×市川染五郎 親子対談「明日こそ、明日こそを積み重ねて」
対談 松本幸四郎×市川染五郎 親子対談「明日こそ、明日こそを積み重ねて」 伝統を守りながら、まだこの世にないものを創りたい
松本幸四郎 市川染五郎
清水ミチコ×中園ミホ×林真理子「オバちゃんの夢を、全部叶えて」【後編】
座談会 清水ミチコ×中園ミホ×林真理子「オバちゃんの夢を、全部叶えて」【後編】 ミーハーであれ
清水ミチコ 中園ミホ 林真理子
清水ミチコ×中園ミホ×林真理子「無自覚だから、よけいに罪深い」【前編】
座談会 清水ミチコ×中園ミホ×林真理子「無自覚だから、よけいに罪深い」【前編】 ミーハーであれ
清水ミチコ 中園ミホ 林真理子
覚せい剤で逮捕された、高知東生の今「妻を泣かせた日から…」
インタビュー 覚せい剤で逮捕された、高知東生の今「妻を泣かせた日から…」 当事者の立場で、体験を語り続ける
高知東生
ノーベル化学賞 吉野彰×久美子夫妻 初インタビュー「『家でゴロゴロ』は大切な時間」
対談 ノーベル化学賞 吉野彰×久美子夫妻 初インタビュー「『家でゴロゴロ』は大切な時間」 受賞の知らせに「ええっ本当かねえ…」
吉野彰 吉野久美子
小田貴月「高倉健の遺志と名誉を守るのが、養女としての使命です」
インタビュー 小田貴月「高倉健の遺志と名誉を守るのが、養女としての使命です」 ただひとり、彼を看取って
小田貴月
市原悦子が遺した言葉「悩んでも憂鬱になるだけ、だからいつも笑っているの」
インタビュー 市原悦子が遺した言葉「悩んでも憂鬱になるだけ、だからいつも笑っているの」 長く患ってようやく自分が見えてきた
市原悦子
北斗晶×佐々木健介「息子たちが巣立ったら夫婦でどう過ごそうか」
対談 北斗晶×佐々木健介「息子たちが巣立ったら夫婦でどう過ごそうか」 人生何があるかわからないけど
北斗晶 佐々木健介
犬飼貴丈 仮面ライダー、「なつぞら」を経て…2020年はさんま主演の舞台に挑戦!
インタビュー 犬飼貴丈 仮面ライダー、「なつぞら」を経て…2020年はさんま主演の舞台に挑戦! 集中力を生かす
犬飼貴丈
村雨辰剛「これぞ天職! スウェーデン出身の僕が庭師になった理由」
インタビュー 村雨辰剛「これぞ天職! スウェーデン出身の僕が庭師になった理由」 日本庭園のよさを世の中に訴えたい
村雨辰剛
藤竜也と倍賞千恵子が語る熟年夫婦のかたち「僕が妻と〈おやすみ〉の握手をする理由」
対談 藤竜也と倍賞千恵子が語る熟年夫婦のかたち「僕が妻と〈おやすみ〉の握手をする理由」 夫婦は、寄りかかり合って生きていく
藤竜也 倍賞千恵子
堀ちえみロングインタビュー ステージⅣの告知から10ヵ月、舌がんと食道がんから生還して
インタビュー 堀ちえみロングインタビュー ステージⅣの告知から10ヵ月、舌がんと食道がんから生還して ささやかな幸せに気がついた
堀ちえみ
武井壮「兄の死、日本一からの方向転換。少年時代の不安が、僕に「稼ぐ力」を与えてくれた」
インタビュー 武井壮「兄の死、日本一からの方向転換。少年時代の不安が、僕に「稼ぐ力」を与えてくれた」 お金とは“ 自由への鍵”
武井壮
江原啓之 「初詣」に行く前に心にとめてほしい「神社に参拝する意味」
対談 江原啓之 「初詣」に行く前に心にとめてほしい「神社に参拝する意味」 崇高なエナジーを感じる場所へ
江原啓之
郷ひろみ 体のキレの秘密「黄金の肉体は、24時間365日のコントロールから」
インタビュー 郷ひろみ 体のキレの秘密「黄金の肉体は、24時間365日のコントロールから」 僕が「郷ひろみ」でいられる場所
郷ひろみ
演歌界の貴公子・山内惠介「半地下アパートのどん底生活から『紅白』に出場するまで」
インタビュー 演歌界の貴公子・山内惠介「半地下アパートのどん底生活から『紅白』に出場するまで」 月をスポットライト代わりにして
山内惠介
由紀さおり 離婚、子宮筋腫…試練と出会いを糧に、歌い続けて半世紀
インタビュー 由紀さおり 離婚、子宮筋腫…試練と出会いを糧に、歌い続けて半世紀 「この道」を選んでよかった――そう言い切れる人生を
由紀さおり
ページのトップへ