長男が成人を迎えた佐々木健介さん北斗晶さん夫妻(撮影:本社写真部)
本日『徹子の部屋』に出演した、佐々木健介さん北斗晶さん夫妻。結婚25周年、仲の良さがテレビ画面からも伝わってくるお二人は、プロレスラー引退後にタレント活動を開始しました。子育て終了が見えてきた今、どのような老後を考えているのでしょうか。2017年に『婦人公論』に登場された際の対談を再掲します。(構成=平林理恵 撮影=本社写真部)

あっという間に二人きりの老後が来るから

北斗 2017年は、うちら夫婦にとってはまさに節目の年。4月にお兄ちゃん(長男の健之介くん)が、ついに家を出てカナダに留学しちゃった。子育てってあっけないね。

健介 うん。いつかこの日が来るとはわかっていたのに、全然想像できなかった。

北斗 ねえ、あたし、教えるべきことをちゃんと教えてきたのかな。いや、逆に、世話を焼きすぎたかもしれない。カナダまでついていって、みそ汁の作り方やらご飯の炊き方やらを教えて。あんなことは、もっと早く仕込んでおくべきだったのに。

健介 帰りの飛行機の中で、窓に顔をくっつけて泣いてたね。何も見えなくなるまで、ずっとカナダのほうを見てた。

北斗 だって、本人前にして号泣するわけにはいかねえだろーが。ぐっとこらえてたんだよ。ううう、思い出すだけで涙が出てくる。

健介 下の子(次男の誠之介くん)も、もう中3(対談当時)か。きっと次もあっという間なんだろうな。

北斗 この分だと、すぐに二人きりになって、あっという間に老後とかも来る。あたしたちもぼやぼやしていられないよ。とにかく、下の子が大学を卒業するまで、最低でもあと8年はがんばらないと。プロレスにしても、芸能の仕事にしても、明日突然なくなるかもしれない不安定な職業。とにかくしがみついて、やらせてもらえる仕事はなんでもやる。恥ずかしいだのなんだのって、言っていられないもん。