澤地久枝

澤地久枝

さわち・ひさえ

1930年東京生まれ。終戦後、旧満洲(現・中国東北部)より引き揚げる。49年中央公論社に入社、働きながら早稲田大学に学ぶ。『婦人公論』編集部勤務ののち63年に退社。72年『妻たちの二・二六事件』以降、執筆活動へ。『滄海(うみ)よ眠れ』『記録 ミッドウェー海戦』で菊池寛賞を受賞。『密約』『14歳〈フォーティーン〉 満州開拓村からの帰還』など著書多数

ページのトップへ