篠田桃紅

篠田桃紅

しのだ・とうこう

1913年中国・大連に生まれる。本名は満洲子。5歳から父に書の手ほどきを受ける。47年頃から抽象的な水墨画を描くように。当時、抽象表現主義が盛んだったアメリカで、いち早く評価を受けた。現在、作品はクレラー・ミュラー美術館、グッゲンハイム美術館、メトロポリタン美術館など国内外数十ヵ所の美術館に収蔵。また、アメリカ議会図書館や京都迎賓館、皇居のお食堂など二十数ヵ所の公共施設にも収蔵される(撮影:岩関禎子)

ページのトップへ