「作家」の記事一覧

阿川佐和子「五輪の記憶」
エッセイ 阿川佐和子「五輪の記憶」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
末井昭「100歳まで生きてどうするんですか?と訊かれたら、僕は〈生きてみたい〉と答える」
エッセイ 末井昭「100歳まで生きてどうするんですか?と訊かれたら、僕は〈生きてみたい〉と答える」 連載:100歳まで生きてどうするんですか?(末井昭)最終回
末井昭
谷崎潤一郎グッズ Wプレゼント企画開催中!【『谷崎マンガ 変態アンソロジー』『台所太平記』刊行記念!】
ニュース 谷崎潤一郎グッズ Wプレゼント企画開催中!【『谷崎マンガ 変態アンソロジー』『台所太平記』刊行記念!】 「文豪だけど変態です」
伊藤比呂美と枝元なほみの友人関係「〈毎週泊めてくれる?〉って聞かれて、もちろんどうぞ」〈後編〉
対談 伊藤比呂美と枝元なほみの友人関係「〈毎週泊めてくれる?〉って聞かれて、もちろんどうぞ」〈後編〉 【対談】一緒にぼちぼち老いていこう
伊藤比呂美 枝元なほみ
伊藤比呂美と枝元なほみの友人関係「食べて話して40年。離婚も、子育ても、介護も、ぜんぶ見てきた」
対談 伊藤比呂美と枝元なほみの友人関係「食べて話して40年。離婚も、子育ても、介護も、ぜんぶ見てきた」 【対談】煮あずきが産後の身に染みた
伊藤比呂美 枝元なほみ
上白石萌音、原田ひ香に語る「負のパワーの言葉が見えなくなるくらい、美しい言葉で世界を埋め尽くせたら」
対談 上白石萌音、原田ひ香に語る「負のパワーの言葉が見えなくなるくらい、美しい言葉で世界を埋め尽くせたら」 【対談】本を読む楽しみ、書く喜び〈後編〉
上白石萌音 原田ひ香
上白石萌音、原田ひ香に語る「紙の質感や装幀なども含めて、〈本〉そのものが〈モノ〉としてたまらなく好き」
対談 上白石萌音、原田ひ香に語る「紙の質感や装幀なども含めて、〈本〉そのものが〈モノ〉としてたまらなく好き」 【対談】本を読む楽しみ、書く喜び〈前編〉
上白石萌音 原田ひ香
阿川佐和子「ワクチン星の使者」
エッセイ 阿川佐和子「ワクチン星の使者」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
末井昭「老化研究の最前線。誰も死なない世界は穏やかな地獄か」
エッセイ 末井昭「老化研究の最前線。誰も死なない世界は穏やかな地獄か」 連載:100歳まで生きてどうするんですか?(末井昭)
末井昭
筒井康隆、「あ」が消える小説『残像に口紅を』がTikTokで再ブレイク。87歳「すべて出し切った」と言える幸せ
インタビュー 筒井康隆、「あ」が消える小説『残像に口紅を』がTikTokで再ブレイク。87歳「すべて出し切った」と言える幸せ 30年経っても色褪せない実験的な作品とは
筒井康隆
ヤマザキマリ「イタリアの女たちからのいじめを跳ねのけた、或るタフな日本女性の思い出」
エッセイ ヤマザキマリ「イタリアの女たちからのいじめを跳ねのけた、或るタフな日本女性の思い出」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ
直木賞受賞・澤田瞳子「母・澤田ふじ子と同じ道に。研究の道を断念した私の想像力が、作家への扉を開いた」
インタビュー 直木賞受賞・澤田瞳子「母・澤田ふじ子と同じ道に。研究の道を断念した私の想像力が、作家への扉を開いた」 母娘二代で作家に
澤田瞳子
阿川佐和子「メイクはつらいよ」
エッセイ 阿川佐和子「メイクはつらいよ」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
末井昭「ステンレス工場、キャバレー、エロ雑誌編集と渡り歩き、《自宅で出来て高収入》の望みは叶った?」
エッセイ 末井昭「ステンレス工場、キャバレー、エロ雑誌編集と渡り歩き、《自宅で出来て高収入》の望みは叶った?」 連載:100歳まで生きてどうするんですか?(末井昭)
末井昭
高倉健、志ん朝師匠、タモリ。次々と展開する<リアル>な昭和の芸能秘話 高田文夫×中野翠×清水ミチコ
座談会 高倉健、志ん朝師匠、タモリ。次々と展開する<リアル>な昭和の芸能秘話 高田文夫×中野翠×清水ミチコ 清水ミチコの三人寄れば無礼講「されど笑える日々」〈後編〉
高田文夫 中野翠 清水ミチコ
斎藤美奈子「アン、ハイジ、ジュディ…翻訳少女小説の主人公たちは、今も輝きながら読者を挑発し続ける」
インタビュー 斎藤美奈子「アン、ハイジ、ジュディ…翻訳少女小説の主人公たちは、今も輝きながら読者を挑発し続ける」 連載・私の書いた本 ~斎藤美奈子『挑発する少女小説』
斎藤美奈子
佐藤愛子、電話中に昏倒したまま動けず! それでも「病院に行くのは死ぬ時と決めている」
エッセイ 佐藤愛子、電話中に昏倒したまま動けず! それでも「病院に行くのは死ぬ時と決めている」 「なかなか死なない」と家族に言われ
佐藤愛子
小説家・車谷長吉と49歳で結婚。相手が変わり者でも、二人が仲良しである限り結婚は良い制度である
エッセイ 小説家・車谷長吉と49歳で結婚。相手が変わり者でも、二人が仲良しである限り結婚は良い制度である 小説家と暮らすのは気骨が折れるが面白かった
高橋順子
川奈まり子「〈怖い話〉を5000件以上取材して。「怪談」は今、井戸や墓場では起きない」
インタビュー 川奈まり子「〈怖い話〉を5000件以上取材して。「怪談」は今、井戸や墓場では起きない」 亡くなった方も、今の社会とともに生きている
川奈まり子
五木寛之×佐藤愛子「歳を重ねると、親しい人も少しずつ減り〈気がつけば、乗客1人〉。やっぱり寂しいですね」
対談 五木寛之×佐藤愛子「歳を重ねると、親しい人も少しずつ減り〈気がつけば、乗客1人〉。やっぱり寂しいですね」 【対談】記憶の扉を開けてみると<後編>
五木寛之 佐藤愛子
ページのトップへ