「作家」の記事一覧

波瀾の99年。若き日の瀬戸内寂聴さんを、担当編集者が振り返る。「知り合って60年、会うたび美しくなった」
寄稿 波瀾の99年。若き日の瀬戸内寂聴さんを、担当編集者が振り返る。「知り合って60年、会うたび美しくなった」 追悼・瀬戸内寂聴さん
澤地久枝
〈追悼〉瀬戸内寂聴さんが遺した、希望を与えてくれることばと99年の歩み「この命は、私一人の命」
アーカイブ 〈追悼〉瀬戸内寂聴さんが遺した、希望を与えてくれることばと99年の歩み「この命は、私一人の命」 『婦人公論』で語られた金言の数々
瀬戸内寂聴
人気作家・森村誠一、老人性うつ病からの生還「認知症を友とし、老いに希望を見つけるまで」
寄稿 人気作家・森村誠一、老人性うつ病からの生還「認知症を友とし、老いに希望を見つけるまで」 老いには二つの勇気が必要
森村誠一
佐藤愛子、電話中に昏倒したまま動けず! それでも「病院に行くのは死ぬ時と決めている」
エッセイ 佐藤愛子、電話中に昏倒したまま動けず! それでも「病院に行くのは死ぬ時と決めている」 「なかなか死なない」と家族に言われ
佐藤愛子
阿川佐和子「動かぬ時計」
エッセイ 阿川佐和子「動かぬ時計」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
岸田今日子、池内淳子、平幹二朗と心が通じて。80歳のエッセイストが明かす著名人との「幸せな時間」
インタビュー 岸田今日子、池内淳子、平幹二朗と心が通じて。80歳のエッセイストが明かす著名人との「幸せな時間」 名エッセイの舞台裏〈後編〉
関容子
中村勘九郎、市川團十郎、吉行淳之介……80歳のエッセイストが見たスターたちの意外な素顔
インタビュー 中村勘九郎、市川團十郎、吉行淳之介……80歳のエッセイストが見たスターたちの意外な素顔 名エッセイの舞台裏〈前編〉
関容子
五木寛之、直木賞に駆け付けてくれたペギー葉山さん。いろんなものを背負っていた彼女に「私歌謡」をプレゼントした
エッセイ 五木寛之、直木賞に駆け付けてくれたペギー葉山さん。いろんなものを背負っていた彼女に「私歌謡」をプレゼントした 【集中連載】忘れえぬ女性(ひと)たち
五木寛之
阿川佐和子「三つの目標」
エッセイ 阿川佐和子「三つの目標」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
英語「現在進行形」との出会いで前向きに。『魔女の宅急便』作者・角野栄子の<好き>を続ける秘訣
インタビュー 英語「現在進行形」との出会いで前向きに。『魔女の宅急便』作者・角野栄子の<好き>を続ける秘訣 86歳の今も冒険心を持って
角野栄子
岸惠子さん、田辺聖子さん、森光子さん、曽野綾子さんが語った「明日への勇気をもらえる珠玉の〈お守り言葉〉」
アーカイブ 岸惠子さん、田辺聖子さん、森光子さん、曽野綾子さんが語った「明日への勇気をもらえる珠玉の〈お守り言葉〉」 孤独も苦労も味方につけて
婦人公論編集部
佐藤愛子さん、樹木希林さん、瀬戸内寂聴さん…孤独も苦労も味方につけて、明日への勇気をもらえる「お守り言葉」
アーカイブ 佐藤愛子さん、樹木希林さん、瀬戸内寂聴さん…孤独も苦労も味方につけて、明日への勇気をもらえる「お守り言葉」 めげない、折れない、しなやかに生きる
婦人公論編集部
筒井康隆「87歳、長く生きようと決めている。自分がどうなっていくのか興味があるから。夫婦円満も元気の秘訣」
インタビュー 筒井康隆「87歳、長く生きようと決めている。自分がどうなっていくのか興味があるから。夫婦円満も元気の秘訣」 人はなぜ耄碌(もうろく)するのか
筒井康隆
阿川佐和子「親子爪切り」
エッセイ 阿川佐和子「親子爪切り」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
ヤマザキマリ「なぜ母は東京から北海道にわたり、40代半ばで大きな家を建てたのか? 北の大地と薔薇」
エッセイ ヤマザキマリ「なぜ母は東京から北海道にわたり、40代半ばで大きな家を建てたのか? 北の大地と薔薇」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ
さかもと未明、膠原病、親友・川島なお美の死を乗り越え、パリの絵画展で入選。「手に筆をくくりつけてでも描こうと思った」
寄稿 さかもと未明、膠原病、親友・川島なお美の死を乗り越え、パリの絵画展で入選。「手に筆をくくりつけてでも描こうと思った」 パリでの国際展覧会「サロン・ドトーヌ2021」レポート
さかもと未明
小川糸、恐ろしい支配者だった母を亡くして。最後の日々、病で弱った母と立場が逆転。初めて「愛おしい」と思えた
インタビュー 小川糸、恐ろしい支配者だった母を亡くして。最後の日々、病で弱った母と立場が逆転。初めて「愛おしい」と思えた 生きている間はわかり合えなかったけれど
小川糸
五木寛之「直木賞を受けるか、ひっそりと金沢で生きるか。迷っていた時、浅川マキは西瓜をさげて縁側に現れた」
エッセイ 五木寛之「直木賞を受けるか、ひっそりと金沢で生きるか。迷っていた時、浅川マキは西瓜をさげて縁側に現れた」 【集中連載】忘れえぬ女性(ひと)たち
五木寛之
【書評】カタカナ語の世界を腕力でいぐいと泳ぎわたって行っていく~『言葉の人生』
エッセイ 【書評】カタカナ語の世界を腕力でいぐいと泳ぎわたって行っていく~『言葉の人生』 【書評】『言葉の人生』著◎片岡義男
渡邊十絲子
阿川佐和子「うーむ」
エッセイ 阿川佐和子「うーむ」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
ページのトップへ