加藤俊徳

加藤俊徳

かとうとしのり

新潟県生まれ。脳内科医、医学博士。加藤プラチナクリニック院長。株式会社「脳の学校」代表。昭和大学客員教授。MRI脳画像診断、発達障害・ADHDの診断・治療の専門家。1991年、脳活動計測「fNIRS(エフニルス)」法を発見。1995年から2001年まで米ミネソタ大学放射線科。帰国後、東京大学などで脳研究に従事し、脳の学校を創業。加藤プラチナクリニックを開設し、小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。著書に『ADHDコンプレックスのための“脳番地トレーニング”』(大和出版)など

ページのトップへ