加藤登紀子

加藤登紀子

かとう・ときこ

1943年旧満洲・ハルビン生まれ。65年、東京大学在学中に日本アマチュアシャンソンコンクールで優勝し、歌手デビュー。「ひとり寝の子守唄」「知床旅情」「百万本のバラ」などのヒット曲を数多く世に送り出す。2020年、デビュー55周年を迎えた。著書に『自分からの人生』など。12月2日神奈川・関内ホール、12月26・27日ヒューリックホール東京にて「ほろ酔いコンサート2020」を開催予定。全国各地での公演も予定されている

ページのトップへ