「表紙の私」クロニクル

天海祐希「夫や子どものいない私が、コロナ禍で改めて気づいた家族の大切さ。毎日のように母に電話しています」
天海祐希「夫や子どものいない私が、コロナ禍で改めて気づいた家族の大切さ。毎日のように母に電話しています」 表紙の私:生の言葉で伝えることの大切さ
天海祐希
萬田久子「コロナの緊急事態宣言を機に禁酒と断捨離を。20代の頃の写真と母の手帳が教えてくれたもの」
萬田久子「コロナの緊急事態宣言を機に禁酒と断捨離を。20代の頃の写真と母の手帳が教えてくれたもの」 表紙の私:ありのままの自分
萬田久子
伊藤蘭「キャンディーズ解散から43年。ひとりで歌っていても、いつも傍らにふたりを感じて」
伊藤蘭「キャンディーズ解散から43年。ひとりで歌っていても、いつも傍らにふたりを感じて」 表紙の私:新たに始まる
伊藤蘭
中谷美紀「国際結婚、夫の一人娘……オーストリアで私を変えた新しい家族」
中谷美紀「国際結婚、夫の一人娘……オーストリアで私を変えた新しい家族」 人生はあまりにも短いから
中谷美紀
沢口靖子「女優人生37年で22年演じてきた『科捜研の女』榊マリコ。ワイヤーアクションにも初挑戦!」
沢口靖子「女優人生37年で22年演じてきた『科捜研の女』榊マリコ。ワイヤーアクションにも初挑戦!」 表紙の私:役の成長を感じて
沢口靖子
竹下景子「朝ドラ『おかえりモネ』で祖母役に。14年前、気仙沼で出会った思い出深い人」
竹下景子「朝ドラ『おかえりモネ』で祖母役に。14年前、気仙沼で出会った思い出深い人」 表紙の私:好奇心旺盛に
竹下景子
望海風斗「〈私は舞台が好きだ!〉と確信し、表現者として生きていこうと決めた瞬間」
望海風斗「〈私は舞台が好きだ!〉と確信し、表現者として生きていこうと決めた瞬間」 表紙の私:再出発の瞬間
望海風斗
前田美波里、若々しさの秘訣「1日の始まりは〈エゴスキュー体操〉。日々の習慣はピアノの調律と同じ」〈後編〉
前田美波里、若々しさの秘訣「1日の始まりは〈エゴスキュー体操〉。日々の習慣はピアノの調律と同じ」〈後編〉 表紙の私:想いが伝わる〈後編〉
前田美波里
前田美波里、若々しさの秘訣「老けた印象は背中から。口角を上げて笑顔を〈形状記憶〉も!」
前田美波里、若々しさの秘訣「老けた印象は背中から。口角を上げて笑顔を〈形状記憶〉も!」 表紙の私:想いが伝わる〈前編〉
前田美波里
風吹ジュン「ピンヒールをハイテクスニーカーに履き替えて。保守的な自分を脱ぎ捨てる」
風吹ジュン「ピンヒールをハイテクスニーカーに履き替えて。保守的な自分を脱ぎ捨てる」 〈前編〉勇気も大事、行動力も大事、遊び心も大事
風吹ジュン
風吹ジュン「〈チャーミングなおばあさん〉になりたいから。ネガティブな思いは速やかに手放す」
風吹ジュン「〈チャーミングなおばあさん〉になりたいから。ネガティブな思いは速やかに手放す」 〈後編〉図太く生きる、と目標を掲げるのもアリ
風吹ジュン
由紀さおり「コロナ禍の今、私の歌い続けていく覚悟とは。信念を貫くのは簡単ではないけれど」
由紀さおり「コロナ禍の今、私の歌い続けていく覚悟とは。信念を貫くのは簡単ではないけれど」 表紙の私:今年できることが、来年もできるとは限らない
由紀さおり
岸惠子「孤独を満喫した先の自由。〈好きなことをやれ。人生短いんだ〉恩師の言葉を胸に」
岸惠子「孤独を満喫した先の自由。〈好きなことをやれ。人生短いんだ〉恩師の言葉を胸に」 表紙の私:卵を割らなければ、オムレツは食べられない
岸惠子
高畑淳子「こじれた家族関係を修復することも、〈終活〉のひとつ」
高畑淳子「こじれた家族関係を修復することも、〈終活〉のひとつ」 表紙の私:小さな感動
高畑淳子
桐島かれん「言い争っても変わらない。向き合わず肩を並べる絶妙な夫婦の距離感」
桐島かれん「言い争っても変わらない。向き合わず肩を並べる絶妙な夫婦の距離感」 表紙の私:日々を満喫する
桐島かれん
原田美枝子「漠然とした不安を『愛の不時着』が救ってくれた」
原田美枝子「漠然とした不安を『愛の不時着』が救ってくれた」 表紙の私:原点に立ち戻る
原田美枝子
森山良子「わが子の愛する人を私も愛したい。小木一家、直太朗一家と食卓を囲む日々」
森山良子「わが子の愛する人を私も愛したい。小木一家、直太朗一家と食卓を囲む日々」 表紙の私:歌によって生かされている
森山良子
阿川佐和子「オリンピックの延期にアタフタしたこともあったけれど」
阿川佐和子「オリンピックの延期にアタフタしたこともあったけれど」 表紙の私:時間旅行を楽しんで
阿川佐和子
樹木希林が遺した言葉「ここまで生きて、上出来、上出来」
樹木希林が遺した言葉「ここまで生きて、上出来、上出来」 遊びをせんとや生まれけん
樹木希林
高橋惠子「持ち物は少なく、新たな挑戦は積極的に」
高橋惠子「持ち物は少なく、新たな挑戦は積極的に」 表紙の私:躊躇しているうちに人生が終わってしまったらもったいない
高橋惠子
ページのトップへ