さだまさし

さだまさし

さだ・まさし

1952年長崎県生まれ。73年フォークデュオ「グレープ」でデビュー。76年よりソロ活動を開始。「関白宣言」「北の国から」など数々のヒット曲を生み出す。通算4400回を超えるコンサートのかたわら、小説家としても『解夏』『風に立つライオン』などを発表。2015年、一般財団法人 風に立つライオン基金を設立(現・公益財団法人)、助成事業や被災地支援事業を行っている。最新アルバム『存在理由〜Raison ’d être〜』が好評発売中。公益財団法人風に立つライオン基金主催 さだまさしチャリティーコンサート2020が8/17に開催予定(チケット一般発売日:7/18)。さだまさし公式サイト

ページのトップへ