「がん」の記事一覧

がんを再発した夫と、過労で倒れた妻。家族に幸せを運んだのは…。猫アレルギーの夫が言った「猫を飼いたい」から始まって
エッセイ
がんを再発した夫と、過労で倒れた妻。家族に幸せを運んだのは…。猫アレルギーの夫が言った「猫を飼いたい」から始まって
カリーナ・ヌンシュテッドウルリカ・ノールベリ久山葉子2024年06月27日
キャシー中島「2度の皮膚がんを乗り越え、キルトを生きがいに。右目の下の赤いできものに、怖くて病院に行けなかった私の背中を押した息子の言葉は」
インタビュー
キャシー中島「2度の皮膚がんを乗り越え、キルトを生きがいに。右目の下の赤いできものに、怖くて病院に行けなかった私の背中を押した息子の言葉は」
キャシー中島2024年06月19日
キャシー中島「へバーデン結節、ブシャール結節…最初の指の異変は40代。50代で指に激痛が走り、整形外科へ。早めの受診が大事だと痛感」
インタビュー
キャシー中島「へバーデン結節、ブシャール結節…最初の指の異変は40代。50代で指に激痛が走り、整形外科へ。早めの受診が大事だと痛感」
キャシー中島2024年06月19日
第32回橋田賞が発表。石井ふく子が語る「60年の盟友であり、1歳上の姉のようだった橋田壽賀子さん。最後にまた〈渡鬼〉を作りたかった」
インタビュー
第32回橋田賞が発表。石井ふく子が語る「60年の盟友であり、1歳上の姉のようだった橋田壽賀子さん。最後にまた〈渡鬼〉を作りたかった」
石井ふく子橋田壽賀子2024年03月31日
夫ががんで旅立ち、気持ちを晴らすために始めたバイトで、8歳下の既婚子持ち上司に68歳で恋をした。意を決して告白したら……
手記
夫ががんで旅立ち、気持ちを晴らすために始めたバイトで、8歳下の既婚子持ち上司に68歳で恋をした。意を決して告白したら……
匿名希望2024年03月27日
小倉智昭「コレクション用の部屋を畳み、荷物を入れた自宅から妻と義母が出て行き…。一人暮らしで妻との仲がより親密に」
インタビュー
小倉智昭「コレクション用の部屋を畳み、荷物を入れた自宅から妻と義母が出て行き…。一人暮らしで妻との仲がより親密に」
小倉智昭2024年03月26日
がんにも「県民性」がある。胃がんが多い県は?赤くなる人がお酒を飲むと…大切なのは自分のがんリスクを知って防ぐこと
専門家
がんにも「県民性」がある。胃がんが多い県は?赤くなる人がお酒を飲むと…大切なのは自分のがんリスクを知って防ぐこと
中川恵一「婦人公論.jp」編集部2024年03月09日
小倉智昭「吃音があったから養われた」今明かす『とくダネ!』オープニングの裏側とは。古市憲寿が聞く〈テレビの本音〉
対談
小倉智昭「吃音があったから養われた」今明かす『とくダネ!』オープニングの裏側とは。古市憲寿が聞く〈テレビの本音〉
小倉智昭古市憲寿2024年03月08日
小倉智昭「30歳過ぎて、金の無心を母親に。恩返しの仕送りの行方は…。同時期に肺がんを患った姉からは、まさかのLINEが」古市憲寿が聞く〈家族の本音〉
対談
小倉智昭「30歳過ぎて、金の無心を母親に。恩返しの仕送りの行方は…。同時期に肺がんを患った姉からは、まさかのLINEが」古市憲寿が聞く〈家族の本音〉
小倉智昭古市憲寿2024年03月07日
61歳の妻に先立たれたことで「死」と向き合って…ロシュフーコー、三木清、夏目漱石。古今東西の賢人は死と生をどうとらえてきたのか
エッセイ
61歳の妻に先立たれたことで「死」と向き合って…ロシュフーコー、三木清、夏目漱石。古今東西の賢人は死と生をどうとらえてきたのか
樋口裕一2024年03月06日
なぜ10歳年下の妻は少しも死に動じないまま<あっぱれな最期>を迎えることができたのか…夏目漱石の名句から見出したそのヒントとは
エッセイ
なぜ10歳年下の妻は少しも死に動じないまま<あっぱれな最期>を迎えることができたのか…夏目漱石の名句から見出したそのヒントとは
樋口裕一2024年03月05日
小倉智昭「老後の予定は狂うもの。『後で』と取っておいたDVDやCDは封すら切ってない」古市憲寿が聞く〈人生の本音〉
対談
小倉智昭「老後の予定は狂うもの。『後で』と取っておいたDVDやCDは封すら切ってない」古市憲寿が聞く〈人生の本音〉
小倉智昭古市憲寿2024年03月04日
手術が成功するも癌が再発…医者から「緩和ケアしか残されていない」と告げられた妻が言った「私あんまり頭がよくなくてよかった」の真意とは
専門家
手術が成功するも癌が再発…医者から「緩和ケアしか残されていない」と告げられた妻が言った「私あんまり頭がよくなくてよかった」の真意とは
樋口裕一2024年03月04日
小倉智昭「がん治療の副作用にもだえ、三途の川を渡りかけたら父がいた」古市憲寿だから聞けた闘病中の本音とは
対談
小倉智昭「がん治療の副作用にもだえ、三途の川を渡りかけたら父がいた」古市憲寿だから聞けた闘病中の本音とは
小倉智昭古市憲寿2024年03月01日
61歳で先に逝った妻。生命力がなくなる中でも嘆くことなく明るい声で語り、笑って…ベストセラー作家の夫を驚かせた<あっぱれな最期>
エッセイ
61歳で先に逝った妻。生命力がなくなる中でも嘆くことなく明るい声で語り、笑って…ベストセラー作家の夫を驚かせた<あっぱれな最期>
樋口裕一2024年03月01日
占い師が寿命と告げた年齢で、がんが発覚。手術前の病室に現れたのは…
手記
占い師が寿命と告げた年齢で、がんが発覚。手術前の病室に現れたのは…
矢野由紀子2024年02月29日
「もう終わりにしてください」43歳で子宮頸癌が発覚した娘に何ができるか考え続けて…「後悔はない。これ以上はできないくらい、やり尽くした」
エッセイ
「もう終わりにしてください」43歳で子宮頸癌が発覚した娘に何ができるか考え続けて…「後悔はない。これ以上はできないくらい、やり尽くした」
多良久美子2024年02月14日
宮本亞門が『徹子の部屋』に登場、両親について語る「前立腺がんを克服。嫌いだった父を許したきっかけは、別れ際に渡されたメモだった」
インタビュー
宮本亞門が『徹子の部屋』に登場、両親について語る「前立腺がんを克服。嫌いだった父を許したきっかけは、別れ際に渡されたメモだった」
宮本亞門2024年02月07日
2月4日はワールドキャンサーデー。良妻賢母を貫き、がんになっても「模範患者」だった義母。自宅で迎えた理想的な最期
手記
2月4日はワールドキャンサーデー。良妻賢母を貫き、がんになっても「模範患者」だった義母。自宅で迎えた理想的な最期
泉優佳理2024年02月04日
2月4日はワールドキャンサーデー。1人娘は5歳、38歳で乳がんが発覚。抗がん剤治療に苦しみ髪を失ったが、新しい産毛に「再生した私」を感じた
寄稿
2月4日はワールドキャンサーデー。1人娘は5歳、38歳で乳がんが発覚。抗がん剤治療に苦しみ髪を失ったが、新しい産毛に「再生した私」を感じた
伊藤理恵 2024年02月04日
ページのトップへ