イラスト:おおの麻里

 

熱中症対策「年々、夏の暑さが耐えがたくなっている」という声をよく聞きます。その原因は、気候の変化だけでなく、現代人がうまく汗をかけなくなっているから。前回に引き続き専門家の五味先生が、数が少ない、あるいは衰えてしまった汗腺を鍛える方法を伝授! 暑くなる前にはじめるほど効果がアップします。

〈前回はこちら〉
今から始める熱中症対策。ポイントは「いい汗」!

 

~方法1~

自分の熱中症リスクを知る

熱中症予防の第一歩は、自分がいい汗をかけるかどうかを知ること。「手足高温浴」でチェックすることができます。

やり方は、両膝から下と両肘から下を43〜44度の湯に浸け、5分ほど待つ。全身から汗が出てきたら、いい汗をかけるタイプ。10〜15分しても汗が出ない場合は、汗腺が衰えていたり、汗腺数が少ないタイプで、熱中症リスクが高い状態といえます。

「夏本番前に2〜3週間、手足高温浴を続けると、いい汗をかけるようになり、真夏でも熱中症になりにくくなります」(五味先生)


●手足高温浴法●

浴槽に43〜44度のお湯を少なめに張り、両肘から下と両膝から下を10〜15分浸ける
浴槽が深い場合は、バスチェアなどに座り、少し前かがみになって行うとよい