「ヨグマタ」(ヨガの母)と呼ばれている相川圭子さん(相川さん撮影◎宮﨑貢司 写真◎AC)
女性で初めて、「究極の悟り(サマディ)]に達し、世界に2人しかない「ヒマラヤ大聖者」となった相川圭子さん。世界の平和のために、日本だけでなく各国で研修やスピーチを行っています。これまで多くの人々に癒しや愛を届けてきた相川さんが、初めて自身の人生について振り返り、ヨガの母と呼ばれるに至った経緯、思いを語ります。
(構成◎丸山あかね 写真提供◎サイエンス・オブ・エンライトメント)

前回●小学校時代、交通安全週間の役目で、伝えることの楽しさを…

さまざまな健康法とヨガに出会う

健康法に出会ったのは高校生の時でした。最初は16歳、高校1年生の夏休み。料理に目覚めました。料理が実験のようで楽しくなり、テレビの料理番組を見ては紹介されたレシピを再現していたのです。家ではバターやお肉を使わない、和食の家庭料理でした。それがテレビを見て、まったく口にしたことがないバターや生クリームを使った洋食にもチャレンジするようになり、兄たちに振る舞うと「美味しい、美味しい」と喜んでくれたので、それがうれしくさらにのめり込んでいきました。

ところが、脂っこい食べ物は私の体に合わなかったのか、顔の際や頬に赤い発疹が一気に3、4個出ました。すべすべした白い肌に出たのが許せなくて、私は石鹸をつけたタオルでこすってしまったのです。それで皮膚が傷つき、悪化して赤むくれに。肌も弱くなったせいか、その後どんどん吹き出物が増え、両頬に広がっていきました。そのことにとてもショックを受けました。自分の中では、今までの人生で何の欠点もなかったので、吹き出物が許せなかった。穢れのない心身が穢されたようで、とうてい受け入れられなかったのです。

甲府にある評判の良い皮膚科の医院へ通いましたが、少しも改善しません。どんな薬を処方してくれていたのかわかりませんが……。治ると信じて毎日通っていたものの、何をしてもいっこうに治まりません。あれこれ食事の研究をしたり、石鹸を替えたり、栄養剤を試してみたりもしてみました。

そうこうするうち、学校の期末試験が近づいてきました。いくらなんでも少し集中して試験勉強をしなければなりません。その時、鏡を見ると赤みが薄くなっていて、吹き出物が少し引いていたのです。勉強に集中することで、「吹き出物を気にする心」から離れられたのです。