「WEBオリジナル」の記事一覧

川井郁子×川井花音「ヴァイオリンを習わせるのは諦めたけれど。娘はよい聞き手であり、厳しいアドバイスもくれる」
対談 川井郁子×川井花音「ヴァイオリンを習わせるのは諦めたけれど。娘はよい聞き手であり、厳しいアドバイスもくれる」 〈対談〉20周年の舞台、母娘で細川ガラシャを演じる
川井郁子 川井花音
四方田犬彦「高潔な人生観の息苦しさを前に、『人生の短さについて』に立ち戻る」
寄稿 四方田犬彦「高潔な人生観の息苦しさを前に、『人生の短さについて』に立ち戻る」 連載:50歳からの読書案内
四方田犬彦
吉田篤弘の小説・第4話「ナポレオン・ツリーと千の声」
寄稿 吉田篤弘の小説・第4話「ナポレオン・ツリーと千の声」 連載:中庭のオレンジ
吉田篤弘
Travis Japan「来年の寅年、デビューするぞ! 卓越したダンススキルだけじゃない、トラジャの魅力」
ルポ Travis Japan「来年の寅年、デビューするぞ! 卓越したダンススキルだけじゃない、トラジャの魅力」 連載:取材現場で見た《あの人の素顔》
上田恵子 Travis Japan
立川談志・没後10年。長男が語る「布団に腹ばいになって書いていた父。書くことに救われた晩年だった」
インタビュー 立川談志・没後10年。長男が語る「布団に腹ばいになって書いていた父。書くことに救われた晩年だった」 長男・松岡慎太郎氏から見た父
松岡慎太郎 立川談志
スキマスイッチ「なんだこいつ?最悪の出会いから20年以上。〈全力中年〉になった僕らが40代でしたいこと」
対談 スキマスイッチ「なんだこいつ?最悪の出会いから20年以上。〈全力中年〉になった僕らが40代でしたいこと」 〈対談〉大橋卓弥&常田真太郎
スキマスイッチ
誰もが想像できる場所だからこそ…《学校》の匂いを感じさせる描写 ~恩田陸「図書館の海」に見る名場面
寄稿 誰もが想像できる場所だからこそ…《学校》の匂いを感じさせる描写 ~恩田陸「図書館の海」に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第15回「学校」
三宅香帆
さかもと未明、膠原病、親友・川島なお美の死を乗り越え、パリの絵画展で入選。「手に筆をくくりつけてでも描こうと思った」
寄稿 さかもと未明、膠原病、親友・川島なお美の死を乗り越え、パリの絵画展で入選。「手に筆をくくりつけてでも描こうと思った」 パリでの国際展覧会「サロン・ドトーヌ2021」レポート
さかもと未明
ヤマトタケルの物語は女装する英雄像の先駆け? 主人公が「受け」から「責め」へと唐突に転換
寄稿 ヤマトタケルの物語は女装する英雄像の先駆け? 主人公が「受け」から「責め」へと唐突に転換 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第8回
井上章一
冨山和彦「人生の転換点にノウハウ本は役に立ちません。とにかく古典がおすすめ」
寄稿 冨山和彦「人生の転換点にノウハウ本は役に立ちません。とにかく古典がおすすめ」 連載:50歳からの読書案内
冨山和彦
【追悼・瀬戸内寂聴さん】林真理子「今年6月に寂庵を訪ねて。最後に会った先生はまだまだ〈書きたい〉欲にあふれていた」
インタビュー 【追悼・瀬戸内寂聴さん】林真理子「今年6月に寂庵を訪ねて。最後に会った先生はまだまだ〈書きたい〉欲にあふれていた」 私たち作家は、アンモラルの中で生きている
瀬戸内寂聴 林真理子
吉田篤弘の小説・第3話「五番目のホリー」
寄稿 吉田篤弘の小説・第3話「五番目のホリー」 連載:中庭のオレンジ
吉田篤弘
神田伯山が、宝井琴調に聞く講談の昔と今「本牧亭があったからこそ、講談の世界が現在にまでつながった」
対談 神田伯山が、宝井琴調に聞く講談の昔と今「本牧亭があったからこそ、講談の世界が現在にまでつながった」 本牧亭がつないだ講談の昔と今
宝井琴調 神田伯山
松田青子『おばちゃんたちのいるところ』が「世界幻想文学大賞・短編集部門」受賞
ニュース 松田青子『おばちゃんたちのいるところ』が「世界幻想文学大賞・短編集部門」受賞
婦人公論編集部
鼻歌や家事を共有してくれる人…血縁がなくとも《家族》を感じさせる描写 ~吉本ばなな「キッチン」に見る名場面
寄稿 鼻歌や家事を共有してくれる人…血縁がなくとも《家族》を感じさせる描写 ~吉本ばなな「キッチン」に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第14回「家族」
三宅香帆
伊藤比呂美「女の経験する苦の集大成。『尼僧の告白 テーリーガーター』を読んでうち震えました」
寄稿 伊藤比呂美「女の経験する苦の集大成。『尼僧の告白 テーリーガーター』を読んでうち震えました」 連載:50歳からの読書案内
伊藤比呂美
吉田篤弘の小説・第2話「オオカミの先生」
寄稿 吉田篤弘の小説・第2話「オオカミの先生」 連載:中庭のオレンジ
吉田篤弘
牛若は「千人斬り」をこころざす殺人鬼か? 義経と弁慶、悪役はどちら
寄稿 牛若は「千人斬り」をこころざす殺人鬼か? 義経と弁慶、悪役はどちら 連載「女になった英雄たち――ヤマトタケルから帝国日本へ」第7回
井上章一
武田真治「『めちゃイケ』以外は北海道の実家に引きこもった日々。やけ買いの最高級ベッドに心を救われ」
寄稿 武田真治「『めちゃイケ』以外は北海道の実家に引きこもった日々。やけ買いの最高級ベッドに心を救われ」 20代後半は死ぬことばかり考えていた
武田真治
【茄子(ナス)】「親の意見とナスビの花には、千に一つの仇がない」と言われるが「実らないよ」というサインを出すことも〈身のまわりの植物マメ知識〉 
専門家 【茄子(ナス)】「親の意見とナスビの花には、千に一つの仇がない」と言われるが「実らないよ」というサインを出すことも〈身のまわりの植物マメ知識〉  身のまわりの植物マメ知識
田中修
ページのトップへ