「人生」の記事一覧

末井昭「母親は30歳、父親は71歳でろくでもない死に方をした」
エッセイ 末井昭「母親は30歳、父親は71歳でろくでもない死に方をした」 連載:100歳まで生きてどうするんですか?(末井昭)
末井昭
内館牧子「年齢なんて関係ない」は70歳を過ぎても通用する? 
インタビュー 内館牧子「年齢なんて関係ない」は70歳を過ぎても通用する?  連載・私の書いた本『今度生まれたら』
内館牧子
松井玲奈、柚月裕子に語る「〈優しさの中にある狡さ〉を見つけて書くのが好き」
対談 松井玲奈、柚月裕子に語る「〈優しさの中にある狡さ〉を見つけて書くのが好き」 女優と作家の創作ナイショ話「人生、つらいときも想像力に救われてきた」
松井玲奈 柚月裕子
瀬戸内寂聴「今年99歳。夜中に転倒し入院しても、いまだ書ける喜び」
インタビュー 瀬戸内寂聴「今年99歳。夜中に転倒し入院しても、いまだ書ける喜び」 「失ったものを数え出したらきりがない」
瀬戸内寂聴
もふもふ! パグの「肉マフラー」は超ゴージャス!
エッセイ もふもふ! パグの「肉マフラー」は超ゴージャス! 連載:ひぐちさんちのお茶目っ子日記
ひぐちにちほ
西城秀樹が新婚時代に本誌に明かした想い「何があっても彼女を守っていきたい」
インタビュー 西城秀樹が新婚時代に本誌に明かした想い「何があっても彼女を守っていきたい」 〈アーカイブ〉西城秀樹さん、その輝きは永遠に
西城秀樹
80歳現役イラストレーター・田村セツコのハッピーシングルライフ「紙とえんぴつがあれば幸せ」
インタビュー 80歳現役イラストレーター・田村セツコのハッピーシングルライフ「紙とえんぴつがあれば幸せ」 大好きな宝物に囲まれた理想の「パリの屋根裏部屋」
田村セツコ
白鳥を見つけたパグの反応は…大きくてカッコいいのにどうして?
エッセイ 白鳥を見つけたパグの反応は…大きくてカッコいいのにどうして? 連載:ひぐちさんちのお茶目っ子日記
ひぐちにちほ
阿川佐和子「墓参り初心者」
エッセイ 阿川佐和子「墓参り初心者」 連載:見上げれば三日月
阿川佐和子
無職になった私の心を癒したのは、高級ブランド店だった
手記 無職になった私の心を癒したのは、高級ブランド店だった 【読者体験手記】浪費が止まらない!
松村さおり
工藤夕貴「ハリウッド暮らしを捨て、土と向き合う人生を選んだ理由」
インタビュー 工藤夕貴「ハリウッド暮らしを捨て、土と向き合う人生を選んだ理由」 畑とバンさえあれば家なんていらない
工藤夕貴
末井昭「きっかけは先物取引大暴落の魂抜け現象。ギャンブルは死の疑似体験だ」
エッセイ 末井昭「きっかけは先物取引大暴落の魂抜け現象。ギャンブルは死の疑似体験だ」 連載:100歳まで生きてどうするんですか?(末井昭)
末井昭
片桐はいり「最近『ライバルはバンクシー』ってあちこちで言ってます」片桐仁×片桐はいり×清水ミチコ
座談会 片桐はいり「最近『ライバルはバンクシー』ってあちこちで言ってます」片桐仁×片桐はいり×清水ミチコ 清水ミチコの三人寄れば無礼講「快楽のためにやってます」〈後編〉
片桐仁 片桐はいり 清水ミチコ
片桐はいり「コロナで映画館でのもぎりができなくなりました」片桐仁×片桐はいり×清水ミチコ
座談会 片桐はいり「コロナで映画館でのもぎりができなくなりました」片桐仁×片桐はいり×清水ミチコ 清水ミチコの三人寄れば無礼講「快楽のためにやってます」〈前編〉
片桐仁 片桐はいり 清水ミチコ
追悼・鈴木登紀子さん「お料理を伝えることで、次の世代へ幸せをつないでいけたら」
インタビュー 追悼・鈴木登紀子さん「お料理を伝えることで、次の世代へ幸せをつないでいけたら」 連載:私と戦争 こうして暮らしが変わっていった
鈴木登紀子
宮野真守 トップ声優から、枠にとらわれないエンターテイナーへ
インタビュー 宮野真守 トップ声優から、枠にとらわれないエンターテイナーへ 『半沢直樹』出演で話題!多才な声優の素顔
宮野真守
絶滅の危機に瀕す横丁。通いつめて集めた、「今しか聞けない」話
ルポ 絶滅の危機に瀕す横丁。通いつめて集めた、「今しか聞けない」話 売血、赤線、青線……口に上る昔話が見せる魔物と真実
フリート横田
福本清三 斬られ役一筋「気持ちよく死ねた!」の瞬間を追い求めて
インタビュー 福本清三 斬られ役一筋「気持ちよく死ねた!」の瞬間を追い求めて 『仁義なきたたかい』『ラストサムライ』……数々の名作を支えた役者魂
福本清三
「天気の子」新海誠「『おまえが会社を継ぐんだぞ』という父の期待に抗って」
インタビュー 「天気の子」新海誠「『おまえが会社を継ぐんだぞ』という父の期待に抗って」 『君の名は。』の監督が決意したこと
新海誠
ブレイディみかこ 15歳から《労働者》だった私が、50歳で「書く」を仕事に
インタビュー ブレイディみかこ 15歳から《労働者》だった私が、50歳で「書く」を仕事に 貧しさを堂々と歌うパンクロックに憧れて、日本を飛び出した
ブレイディみかこ
ページのトップへ