仲俣暁生

なかまた・あきお

「マガジン航」編集発行人。著書『極西文学論』(晶文社)、『〈ことば〉の仕事』(原書房)、『再起動せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)、『失われた娯楽をもとめて』(駒草出版)ほか

【書評】ジェンダーや格差を巧みに盛り込んだポップな小説 ~『万事快調〈オール・グリーンズ〉』
エッセイ 【書評】ジェンダーや格差を巧みに盛り込んだポップな小説 ~『万事快調〈オール・グリーンズ〉』 【書評】『万事快調〈オール・グリーンズ〉』著◎波木銅
【書評】収斂していく先があらかじめ告げられた、読者に不思議な感慨を与える傑作 ~『推敲』
エッセイ 【書評】収斂していく先があらかじめ告げられた、読者に不思議な感慨を与える傑作 ~『推敲』 【書評】『推敲』著◎トーマス・ベルンハルト 訳◎飯島雄太郎
【書評】自閉症者たちと小説作品を読んだセッションの記録 ~『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書』
エッセイ 【書評】自閉症者たちと小説作品を読んだセッションの記録 ~『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書』 【書評】『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書 自閉症者と小説を読む』著◎ラルフ・ジェームズ・サヴァリーズ 訳◎岩坂彰
【書評】北朝鮮工作に大統領の隠し子。リラックスして活劇を楽しんで〜『ブラック・チェンバー・ミュージック』
エッセイ 【書評】北朝鮮工作に大統領の隠し子。リラックスして活劇を楽しんで〜『ブラック・チェンバー・ミュージック』 【書評】『ブラック・チェンバー・ミュージック』著◎阿部和重
【書評】〈許容する社会〉を女性首相サッチャーの登場が終わらせたという皮肉 ~『イギリス1960年代 ビートルズからサッチャーへ』
エッセイ 【書評】〈許容する社会〉を女性首相サッチャーの登場が終わらせたという皮肉 ~『イギリス1960年代 ビートルズからサッチャーへ』 【書評】『イギリス1960年代 ビートルズからサッチャーへ』著◎小関隆
【書評】受験や進学に対する韓国社会の過剰なほどの心理的圧力と若い世代のリアル〜『ミカンの味』
エッセイ 【書評】受験や進学に対する韓国社会の過剰なほどの心理的圧力と若い世代のリアル〜『ミカンの味』 【書評】『ミカンの味』著◎チョ・ナムジュ 訳◎矢島暁子
【書評】『パラサイト』『はちどり』…韓国コンテンツの魅力 〜『韓国映画・ドラマ わたしたちのおしゃべりの記録2014~2020』
トレンド 【書評】『パラサイト』『はちどり』…韓国コンテンツの魅力 〜『韓国映画・ドラマ わたしたちのおしゃべりの記録2014~2020』 【書評】著◎西森路代、ハン・トンヒョン
【書評】海外で命を絶った兄。現地を訪れた妹が死の真相に迫る~『ウィーン近郊』
トレンド 【書評】海外で命を絶った兄。現地を訪れた妹が死の真相に迫る~『ウィーン近郊』 【書評】『ウィーン近郊』黒川創 新潮社
【書評】昭和・平成・令和…「激動の歴史」ではない「さざ波の日常」を美しく描く 〜『睦家四姉妹図』著◎藤谷治
寄稿 【書評】昭和・平成・令和…「激動の歴史」ではない「さざ波の日常」を美しく描く 〜『睦家四姉妹図』著◎藤谷治 【書評】『睦家四姉妹図』著◎藤谷治 筑摩書房
【書評】エッセイの名手がどう思考してきたかを辿るベスト版 『文学は実学である』著◎荒川洋治
トレンド 【書評】エッセイの名手がどう思考してきたかを辿るベスト版 『文学は実学である』著◎荒川洋治 【書評】『文学は実学である』著◎荒川洋治 みすず書房
【書評】2人の編集者を主役に週刊誌の黄金期を綴る『2016年の週刊文春』著◎柳澤健
トレンド 【書評】2人の編集者を主役に週刊誌の黄金期を綴る『2016年の週刊文春』著◎柳澤健 【書評】『2016年の週刊文春』著◎柳澤健
【書評】中国の瑞々しい感性が描く文革世代の父とその娘『1984年に生まれて』
トレンド 【書評】中国の瑞々しい感性が描く文革世代の父とその娘『1984年に生まれて』 【書評】『1984年に生まれて』
【書評】読書の達人による文学の謎解き〜『雪月花 謎解き私小説』著◎北村 薫
トレンド 【書評】読書の達人による文学の謎解き〜『雪月花 謎解き私小説』著◎北村 薫 【書評】『雪月花 謎解き私小説』著◎北村 薫
香港の民主化をあきらめない若き活動家の記録~『言論の不自由 香港、そしてグローバル民主主義にいま何が起こっているのか』著◎ジョシュア・ウォン、ジェイソン・Y・ゴー
トレンド 香港の民主化をあきらめない若き活動家の記録~『言論の不自由 香港、そしてグローバル民主主義にいま何が起こっているのか』著◎ジョシュア・ウォン、ジェイソン・Y・ゴー 【書評】『言論の不自由香港、そしてグローバル民主主義にいま何が起こっているのか』著◎ジョシュア・ウォン、ジェイソン・Y・ゴー 訳◎中里京子
【書評】古希の母と3人の子どもたち。家族は再生するか〜『だまされ屋さん』著◎星野智幸
トレンド 【書評】古希の母と3人の子どもたち。家族は再生するか〜『だまされ屋さん』著◎星野智幸 【書評】『だまされ屋さん』著◎星野智幸
【書評】薬物依存症から抜け出そうとする男は、過去を贖えるのか『あがない』
トレンド 【書評】薬物依存症から抜け出そうとする男は、過去を贖えるのか『あがない』 書評:『あがない』倉数茂・著
【書評】文化を理解しない権力者への激しい怒り ~『鶴屋南北の殺人』
トレンド 【書評】文化を理解しない権力者への激しい怒り ~『鶴屋南北の殺人』 書評:『鶴屋南北の殺人』芦辺拓・著
【書評】「蒙昧」なのはあの当時か、それとも今か? ~『日本蒙昧前史』
トレンド 【書評】「蒙昧」なのはあの当時か、それとも今か? ~『日本蒙昧前史』 書評:『日本蒙昧前史』』礒崎憲一郎・著
【書評】見かけの過激な言動と裏腹にイデオロギーは「着脱可能」 ~『ルポ 百田尚樹現象』
トレンド 【書評】見かけの過激な言動と裏腹にイデオロギーは「着脱可能」 ~『ルポ 百田尚樹現象』 書評:『ルポ 百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地』石戸諭・著
【書評】主人公の成長も楽しみな江戸時代ミステリ新シリーズ ~『きたきた捕物帖』
トレンド 【書評】主人公の成長も楽しみな江戸時代ミステリ新シリーズ ~『きたきた捕物帖』 書評:『きたきた捕物帖』宮部みゆき・著
【書評】フェイクニュースが蔓延する社会に警鐘を鳴らす 〜『真実の終わり』
トレンド 【書評】フェイクニュースが蔓延する社会に警鐘を鳴らす 〜『真実の終わり』 書評:『真実の終わり』ミチコ・カクタニ・著
【書評】インターネット時代の今、「読書」について考える ~『記憶の箱舟 または読書の変容』
トレンド 【書評】インターネット時代の今、「読書」について考える ~『記憶の箱舟 または読書の変容』 『記憶の箱舟 または読書の変容』鶴ヶ谷真一・著
【書評】個性的な老女に「図書館を主人公とする小説」を提案されて ~『夢見る帝国図書館』
トレンド 【書評】個性的な老女に「図書館を主人公とする小説」を提案されて ~『夢見る帝国図書館』 『夢見る帝国図書館』中島京子・著
物事がうまくいかなければ、ストーリーを疑ってみる
トレンド 物事がうまくいかなければ、ストーリーを疑ってみる 書評:『物語は人生を救うのか』千野帽子・著
作品への「聖地巡礼」が都市に積み重ねたもの
トレンド 作品への「聖地巡礼」が都市に積み重ねたもの 書評:『まちあるき文化考 交叉する〈都市〉と〈物語〉』渡辺裕・著
「オンリー・ワン」がよしとされる時代に生まれて
トレンド 「オンリー・ワン」がよしとされる時代に生まれて 書評:『死にがいを求めて 生きているの』朝井リョウ・著
熊本の本屋さんに流れる日々の言葉と、土地の気配と
トレンド 熊本の本屋さんに流れる日々の言葉と、土地の気配と 書評:『みぎわに立って』田尻久子・著
古代史に対する確かな知見と、小説家としての奔放な想像力
トレンド 古代史に対する確かな知見と、小説家としての奔放な想像力 書評:『落花』澤田瞳子・著
家族の生死のあわいで綴ったユーモラスな訪問記
トレンド 家族の生死のあわいで綴ったユーモラスな訪問記 書評:『文豪お墓まいり記』山崎ナオコーラ・著
次第にすれ違う夫婦が、各々の速度で辿り着く先は
トレンド 次第にすれ違う夫婦が、各々の速度で辿り着く先は 書評:『夢も見ずに眠った。』絲山秋子
オリンピックの熱狂後も、東京で若者たちは逞しく生きる
トレンド オリンピックの熱狂後も、東京で若者たちは逞しく生きる 書評:『東京の子』藤井太洋
ページのトップへ