東京大学資料編纂所・本郷和人さんが分析する源頼朝の失敗とは?
2022年放映開始の『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)。関東武士のパワーゲームを描いたドラマの中で、小栗旬演じる主人公・北条義時の初恋の人にして、源頼朝(演:大泉洋)最初の妻という八重役を演じるのは、先ごろ星野源との結婚が話題になったガッキーこと、新垣結衣だ。いったいどのような三角関係が描かれるのか今から注目が集まっている。史実では、武士としての天下を取る源頼朝だが、直系はたった三代で滅ぶことになる。その原因には、頼朝のある種の失敗があったと東京大学史料編纂所・本郷和人氏は語る――

※本稿は本郷和人『「失敗」の日本史』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

たった三代で滅んでしまった源氏

なぜ源氏は頼朝、頼家、実朝の三代で滅びてしまったのでしょうか? このことを考えるなら、頼朝本人が失敗したわけではないのですが、彼が、自分自身と将軍の歴史における役割をどのように考えていたのか、という点が焦点になってきます。

頼朝は病気で亡くなります。その跡を継いだ二代頼家は、政争の果てに将軍の地位を剥奪されて、伊豆の修善寺に押し込められる。そして暗殺されます。三代目の実朝は、兄の失脚を受けて将軍になりますが、彼もやがて鶴岡八幡宮で暗殺されてしまいました。

なぜ頼家は失脚したのか。なぜ実朝は殺されたのか。

頼家の場合は、恐らく北条氏にとって彼の存在が邪魔だった。言ってしまえば単なる北条氏の都合であり、もし違う勢力が権力を握っていれば、頼家が将軍のままで問題なかったかもしれない。

しかし実朝が殺された理由としては、「京都との距離」という武士の政権の根幹に関わる問題がありました。つまり彼は、京都と近くなり過ぎてしまったのかもしれません。