ヤマザキマリ

ヤマザキマリ

やまざき・まり
漫画家・文筆家・画家

1967年東京都生まれ。漫画家・文筆家・画家。東京造形大学客員教授。 84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。2010年『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン)で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。15年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。17年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ章受章。著書に『プリニウス』(新潮社、とり・みきと共著)、『国境のない生き方』(小学館新書)、『オリンピア・キュクロス』(集英社)、『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)、『リ・アルティジャーニ ルネサンス画家職人伝』(新潮社)、『地球、この複雑なる惑星に暮らすこと 』(文藝春秋、養老孟司と共著)など。

ヤマザキマリ「バカにされたくない」という気負いのような、背伸びした感覚を覚える東京の車社会。ハンドルを握って初めて見える都市の性格と地域性
エッセイ
ヤマザキマリ「バカにされたくない」という気負いのような、背伸びした感覚を覚える東京の車社会。ハンドルを握って初めて見える都市の性格と地域性
ヤマザキマリ2022年09月20日
ヤマザキマリ コロナ禍で離婚が増えたと聞き。いい夫婦を装うことを私は選ばない。むしろ「夫」「妻」がすべて、と断言する人に何か穏やかではないものを感じる
エッセイ
ヤマザキマリ コロナ禍で離婚が増えたと聞き。いい夫婦を装うことを私は選ばない。むしろ「夫」「妻」がすべて、と断言する人に何か穏やかではないものを感じる
ヤマザキマリ2022年09月16日
ヤマザキマリ 2年半ぶりに戻ったイタリアの我が家はいつものままだった。日本ではありえない種類の苛立ちや腹立たしさや諦観も、私にとっては懐かしい
エッセイ
ヤマザキマリ 2年半ぶりに戻ったイタリアの我が家はいつものままだった。日本ではありえない種類の苛立ちや腹立たしさや諦観も、私にとっては懐かしい
ヤマザキマリ2022年09月14日
ヤマザキマリ「あってないような水際対策を経てイタリアから来日した夫。人間の不完全さを知れば、余裕ができて腹も立たなくなる」
エッセイ
ヤマザキマリ「あってないような水際対策を経てイタリアから来日した夫。人間の不完全さを知れば、余裕ができて腹も立たなくなる」
ヤマザキマリ2022年09月09日
ヤマザキマリ「始めてしまえば大丈夫」との目論通り開催されたオリンピック。なぜ発祥の動機から外れ、疫病の最中でも実施せねばならない巨大イベントになったのか
専門家
ヤマザキマリ「始めてしまえば大丈夫」との目論通り開催されたオリンピック。なぜ発祥の動機から外れ、疫病の最中でも実施せねばならない巨大イベントになったのか
ヤマザキマリ2022年08月30日
ヤマザキマリ『あしたのジョー』『フランダースの犬』のように主人公が”孤高”だった昭和と”グループ”主流の現代。あらゆるものをマスで一括りに捉える社会に覚えた一抹の不安
エッセイ
ヤマザキマリ『あしたのジョー』『フランダースの犬』のように主人公が”孤高”だった昭和と”グループ”主流の現代。あらゆるものをマスで一括りに捉える社会に覚えた一抹の不安
ヤマザキマリ2022年08月17日
ヤマザキマリ 人はなぜ絵を描くのか。絵もその他の芸術も精神に欠かせない「ごはん」だからこそ、栄養不足にならないために私は絵を描く
エッセイ
ヤマザキマリ 人はなぜ絵を描くのか。絵もその他の芸術も精神に欠かせない「ごはん」だからこそ、栄養不足にならないために私は絵を描く
ヤマザキマリ2022年06月29日
ヤマザキマリ 山下達郎さんの新譜『SOFTLY』に、何十年かぶりに描いた肖像画が使われて。絵画を描く喜びと誇りという波が私の前にようやく現れてくれた
エッセイ
ヤマザキマリ 山下達郎さんの新譜『SOFTLY』に、何十年かぶりに描いた肖像画が使われて。絵画を描く喜びと誇りという波が私の前にようやく現れてくれた
ヤマザキマリ2022年06月22日
ヤマザキマリ 人と同じものを選ぶと「お目が高い」と褒められる日本と「似合うのはお客様だけ」が殺し文句のイタリア。「人気の商品」についての考察
エッセイ
ヤマザキマリ 人と同じものを選ぶと「お目が高い」と褒められる日本と「似合うのはお客様だけ」が殺し文句のイタリア。「人気の商品」についての考察
ヤマザキマリ2022年05月18日
ヤマザキマリ 宿主を操り、死ねば別の虫に寄生するハリガネムシは人間界にも。皇帝ネロの母にグッチ御曹司の妻…ハリガネムシ魂よ、永遠に
エッセイ
ヤマザキマリ 宿主を操り、死ねば別の虫に寄生するハリガネムシは人間界にも。皇帝ネロの母にグッチ御曹司の妻…ハリガネムシ魂よ、永遠に
ヤマザキマリ2022年04月20日
ヤマザキマリ 終戦直後にコメディ映画やギャグ漫画が多く生み出されたワケ。知性を潤すような質感のある「洒落」や「ユーモア」はどこへ
エッセイ
ヤマザキマリ 終戦直後にコメディ映画やギャグ漫画が多く生み出されたワケ。知性を潤すような質感のある「洒落」や「ユーモア」はどこへ
ヤマザキマリ2022年03月23日
ヤマザキマリ 膨張を続ける「見たいものしか見ない、許せない」という執着が招くもの
エッセイ
ヤマザキマリ 膨張を続ける「見たいものしか見ない、許せない」という執着が招くもの
ヤマザキマリ2022年02月23日
ヤマザキマリ「世界平和度指数ランキング上位の日本。本当に治安が良いと言い切れるのか」
エッセイ
ヤマザキマリ「世界平和度指数ランキング上位の日本。本当に治安が良いと言い切れるのか」
ヤマザキマリ2022年01月22日
ヤマザキマリ「なぜ母は東京から北海道にわたり、40代半ばで大きな家を建てたのか? 北の大地と薔薇」
エッセイ
ヤマザキマリ「なぜ母は東京から北海道にわたり、40代半ばで大きな家を建てたのか? 北の大地と薔薇」
ヤマザキマリ2021年11月24日
ヤマザキマリ「思い通りにならない人や社会への不満。精神的ゆとりの枯渇が招く『予定調和の罠』」
エッセイ
ヤマザキマリ「思い通りにならない人や社会への不満。精神的ゆとりの枯渇が招く『予定調和の罠』」
ヤマザキマリ2021年10月27日
ヤマザキマリ「イタリアの女たちからのいじめを跳ねのけた、或るタフな日本女性の思い出」
エッセイ
ヤマザキマリ「イタリアの女たちからのいじめを跳ねのけた、或るタフな日本女性の思い出」
ヤマザキマリ2021年09月29日
ヤマザキマリ「過去の記録を残すことに執着がない私にとっての<家族との思い出の残し方>」
エッセイ
ヤマザキマリ「過去の記録を残すことに執着がない私にとっての<家族との思い出の残し方>」
ヤマザキマリ2021年08月26日
ヤマザキマリ「レストランの常連だったお年寄りの笑顔が与えてくれた安堵と勇気」
エッセイ
ヤマザキマリ「レストランの常連だったお年寄りの笑顔が与えてくれた安堵と勇気」
ヤマザキマリ2021年07月28日
ヤマザキマリ「ジョン・ウェインに惚れるのではなく、自分がジョン・ウェインになりたい」
エッセイ
ヤマザキマリ「ジョン・ウェインに惚れるのではなく、自分がジョン・ウェインになりたい」
ヤマザキマリ2021年06月23日
ヤマザキマリ「愛猫ベレンには野太い声を封印。意思の疎通が難しい相手との関係性」
エッセイ
ヤマザキマリ「愛猫ベレンには野太い声を封印。意思の疎通が難しい相手との関係性」
ヤマザキマリ2021年05月26日
ページのトップへ