仲俣暁生

なかまた・あきお
「マガジン航」編集発行人。著書『極西文学論』(晶文社)、『〈ことば〉の仕事』(原書房)、『再起動せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)、『失われた娯楽をもとめて』(駒草出版)ほか
【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』
トレンド 【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』 書評:『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件 なぜ美しい羽は狙われたのか』カーク・ウォレス・ジョンソン・著
【書評】ノーベル文学賞候補との声も高い作家の魅力あふれる作品集 ~『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』
トレンド 【書評】ノーベル文学賞候補との声も高い作家の魅力あふれる作品集 ~『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』 書評:『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』閻連科・著
【書評】同性婚にお一人様婚も!? 前代未聞の「結婚披露宴」小説 ~『神前酔狂宴』
トレンド 【書評】同性婚にお一人様婚も!? 前代未聞の「結婚披露宴」小説 ~『神前酔狂宴』 書評:『神前酔狂宴』古谷田奈月・著
【書評】貫一・お宮が現代に蘇ったら…『金色夜叉』を大胆アレンジ ~『黄金夜界』
トレンド 【書評】貫一・お宮が現代に蘇ったら…『金色夜叉』を大胆アレンジ ~『黄金夜界』 書評:『黄金夜界』橋本 治・著
【書評】フェイクニュースが蔓延する社会に警鐘を鳴らす 〜『真実の終わり』
トレンド 【書評】フェイクニュースが蔓延する社会に警鐘を鳴らす 〜『真実の終わり』 書評:『真実の終わり』ミチコ・カクタニ・著
【書評】インターネット時代の今、「読書」について考える ~『記憶の箱舟 または読書の変容』
トレンド 【書評】インターネット時代の今、「読書」について考える ~『記憶の箱舟 または読書の変容』 『記憶の箱舟 または読書の変容』鶴ヶ谷真一・著
【書評】個性的な老女に「図書館を主人公とする小説」を提案されて ~『夢見る帝国図書館』
トレンド 【書評】個性的な老女に「図書館を主人公とする小説」を提案されて ~『夢見る帝国図書館』 『夢見る帝国図書館』中島京子・著
物事がうまくいかなければ、ストーリーを疑ってみる
トレンド 物事がうまくいかなければ、ストーリーを疑ってみる 書評:『物語は人生を救うのか』千野帽子・著
作品への「聖地巡礼」が都市に積み重ねたもの
トレンド 作品への「聖地巡礼」が都市に積み重ねたもの 書評:『まちあるき文化考 交叉する〈都市〉と〈物語〉』渡辺裕・著
「オンリー・ワン」がよしとされる時代に生まれて
トレンド 「オンリー・ワン」がよしとされる時代に生まれて 書評:『死にがいを求めて 生きているの』朝井リョウ・著
熊本の本屋さんに流れる日々の言葉と、土地の気配と
トレンド 熊本の本屋さんに流れる日々の言葉と、土地の気配と 書評:『みぎわに立って』田尻久子・著
古代史に対する確かな知見と、小説家としての奔放な想像力
トレンド 古代史に対する確かな知見と、小説家としての奔放な想像力 書評:『落花』澤田瞳子・著
家族の生死のあわいで綴ったユーモラスな訪問記
トレンド 家族の生死のあわいで綴ったユーモラスな訪問記 書評:『文豪お墓まいり記』山崎ナオコーラ・著
次第にすれ違う夫婦が、各々の速度で辿り着く先は
トレンド 次第にすれ違う夫婦が、各々の速度で辿り着く先は 書評:『夢も見ずに眠った。』絲山秋子
オリンピックの熱狂後も、東京で若者たちは逞しく生きる
トレンド オリンピックの熱狂後も、東京で若者たちは逞しく生きる 書評:『東京の子』藤井太洋
ページのトップへ