仲俣暁生

なかまた・あきお
「マガジン航」編集発行人。著書『極西文学論』(晶文社)、『〈ことば〉の仕事』(原書房)、『再起動せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)、『失われた娯楽をもとめて』(駒草出版)ほか
【書評】辞書づくりの現場は、まさにヒューマン・ドキュメント ~『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』
トレンド 【書評】辞書づくりの現場は、まさにヒューマン・ドキュメント ~『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』 書評:『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』コーリー・スタンパー・著
【書評】冷戦時代の実話を下敷きに女性諜報員たちの活躍を描く ~『あの本は読まれているか』
トレンド 【書評】冷戦時代の実話を下敷きに女性諜報員たちの活躍を描く ~『あの本は読まれているか』 書評:『あの本は読まれているか』ラーラ・プレスコット・著
【書評】このささやかな日常は、厄災の前あるいは後にある ~『カタストロフ前夜 パリで3・11を経験すること』
トレンド 【書評】このささやかな日常は、厄災の前あるいは後にある ~『カタストロフ前夜 パリで3・11を経験すること』 書評:『カタストロフ前夜 パリで3・11を経験すること』関口涼子・著
【書評】偉大な文学者ドナルド・キーンが晩年に得た奇跡的な出会い ~『黄犬交遊抄』
トレンド 【書評】偉大な文学者ドナルド・キーンが晩年に得た奇跡的な出会い ~『黄犬交遊抄』 書評:『黄犬交遊抄』ドナルド・キーン・著
【書評】チャラ男とあだ名される部長は、どこの会社にもいる「必要悪」
トレンド 【書評】チャラ男とあだ名される部長は、どこの会社にもいる「必要悪」 書評:『御社のチャラ男』絲山秋子・著
【書評】かつての女性写真家ブームを、当事者が捉えなおしたら ~『「僕ら」の「女の子写真」から  わたしたちのガーリーフォトへ』
トレンド 【書評】かつての女性写真家ブームを、当事者が捉えなおしたら ~『「僕ら」の「女の子写真」から  わたしたちのガーリーフォトへ』 書評:『「僕ら」の「女の子写真」から  わたしたちのガーリーフォトへ』長島有里枝・著
【書評】現実と虚構が入り交じる谷崎作品へのオマージュ ~『卍どもえ』
トレンド 【書評】現実と虚構が入り交じる谷崎作品へのオマージュ ~『卍どもえ』 書評:『卍どもえ』辻原登・著
【書評】日露戦争で日本が敗北していたら? 帝都に渦巻く陰謀を暴く ~『抵抗都市』
トレンド 【書評】日露戦争で日本が敗北していたら? 帝都に渦巻く陰謀を暴く ~『抵抗都市』 書評:『抵抗都市』佐々木譲・著
【書評】巨万の富で文化貢献した、知られざる富豪の生き方は ~『赤星鉄馬 消えた富豪』
トレンド 【書評】巨万の富で文化貢献した、知られざる富豪の生き方は ~『赤星鉄馬 消えた富豪』 書評:『赤星鉄馬 消えた富豪』与那原恵・著
【書評】父の子殺し、子の父殺し。私が演じるのは果たして ~『赤い髪の女』
トレンド 【書評】父の子殺し、子の父殺し。私が演じるのは果たして ~『赤い髪の女』 書評:『赤い髪の女』オルハン・パムク・著
【書評】Uターンした地元の「アク」を消さぬよう ~『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』
トレンド 【書評】Uターンした地元の「アク」を消さぬよう ~『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』 書評:『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』藤井聡子・著
【書評】愛と、キャリアと、家族と、人種の間で彼女が選んだ結論は ~『ケミストリー』
トレンド 【書評】愛と、キャリアと、家族と、人種の間で彼女が選んだ結論は ~『ケミストリー』 書評:『ケミストリー』ウェイク・ワン・著
【書評】母の秘密を辿って政府機関で働きだした男は ~『戦下の淡き光』
トレンド 【書評】母の秘密を辿って政府機関で働きだした男は ~『戦下の淡き光』 書評:『戦下の淡き光』マイケル・オンダーチェ・著
【書評】この陰惨な事件はどこでも起こりうる…… ~『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』
トレンド 【書評】この陰惨な事件はどこでも起こりうる…… ~『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』 書評:『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』高橋ユキ・著
【書評】コミカルな冒険活劇が辿り着くフィリピン戦の実態 ~『遠い他国でひょんと死ぬるや』
トレンド 【書評】コミカルな冒険活劇が辿り着くフィリピン戦の実態 ~『遠い他国でひょんと死ぬるや』 書評:『遠い他国でひょんと死ぬるや』宮内悠介・著
【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』
トレンド 【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』 書評:『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件 なぜ美しい羽は狙われたのか』カーク・ウォレス・ジョンソン・著
【書評】ノーベル文学賞候補との声も高い作家の魅力あふれる作品集 ~『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』
トレンド 【書評】ノーベル文学賞候補との声も高い作家の魅力あふれる作品集 ~『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』 書評:『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』閻連科・著
【書評】同性婚にお一人様婚も!? 前代未聞の「結婚披露宴」小説 ~『神前酔狂宴』
トレンド 【書評】同性婚にお一人様婚も!? 前代未聞の「結婚披露宴」小説 ~『神前酔狂宴』 書評:『神前酔狂宴』古谷田奈月・著
【書評】貫一・お宮が現代に蘇ったら…『金色夜叉』を大胆アレンジ ~『黄金夜界』
トレンド 【書評】貫一・お宮が現代に蘇ったら…『金色夜叉』を大胆アレンジ ~『黄金夜界』 書評:『黄金夜界』橋本 治・著
【書評】フェイクニュースが蔓延する社会に警鐘を鳴らす 〜『真実の終わり』
トレンド 【書評】フェイクニュースが蔓延する社会に警鐘を鳴らす 〜『真実の終わり』 書評:『真実の終わり』ミチコ・カクタニ・著
ページのトップへ