book

【書評】「今、知るべきこと」満載の今年を象徴する一冊~『やさしい猫』
【書評】「今、知るべきこと」満載の今年を象徴する一冊~『やさしい猫』 【書評】『やさしい猫』著◎中島京子
白石公子
【書評】嘘を受け止め、背後にある心の叫びを探る~『うそをつく子ー助けを求められなかった少女の物語』
【書評】嘘を受け止め、背後にある心の叫びを探る~『うそをつく子ー助けを求められなかった少女の物語』 【書評】『うそをつく子ー助けを求められなかった少女の物語』著◎トリイ・ヘイデン 訳◎入江真佐子
白石公子
【書評】人間というものの可愛らしさをたんねんに描写していく~『暗き世に爆ぜ-俳句的日常』
【書評】人間というものの可愛らしさをたんねんに描写していく~『暗き世に爆ぜ-俳句的日常』 【書評】『暗き世に爆ぜ-俳句的日常』著◎小沢信男
渡邊十絲子
【書評】転身を夢見る人たちの背中を押してくれる~『アカデミアを離れてみたら―博士、道なき道をゆく』
【書評】転身を夢見る人たちの背中を押してくれる~『アカデミアを離れてみたら―博士、道なき道をゆく』 【書評】『アカデミアを離れてみたら 博士、道なき道をゆく』著◎岩波書店編集部
渡邊十絲子
【書評】カタカナ語の世界を腕力でいぐいと泳ぎわたって行っていく~『言葉の人生』
【書評】カタカナ語の世界を腕力でいぐいと泳ぎわたって行っていく~『言葉の人生』 【書評】『言葉の人生』著◎片岡義男
渡邊十絲子
【書評】語り手の記憶や心理がふいに信用ならざるものへと瓦解する~『高原英理 恐怖譚集成』
【書評】語り手の記憶や心理がふいに信用ならざるものへと瓦解する~『高原英理 恐怖譚集成』 【書評】『高原英理 恐怖譚集成』著◎高原英理
川口晴美
【書評】探偵のように工夫に光をあて、謎へ踏み込む ~『謎ときサリンジャー「自殺」したのは誰なのか』
【書評】探偵のように工夫に光をあて、謎へ踏み込む ~『謎ときサリンジャー「自殺」したのは誰なのか』 【書評】『謎ときサリンジャー「自殺」したのは誰なのか』著◎竹内康浩、朴舜起
川口晴美
【書評】早熟な知性と感受性を持つ少女たちの輝かしい日々 ~『離れがたき二人』
【書評】早熟な知性と感受性を持つ少女たちの輝かしい日々 ~『離れがたき二人』 【書評】『離れがたき二人』著◎シモーヌ・ド・ボーヴォワール 訳◎関口涼子
川口晴美
【書評】ジェンダーや格差を巧みに盛り込んだポップな小説 ~『万事快調〈オール・グリーンズ〉』
【書評】ジェンダーや格差を巧みに盛り込んだポップな小説 ~『万事快調〈オール・グリーンズ〉』 【書評】『万事快調〈オール・グリーンズ〉』著◎波木銅
仲俣暁生
【書評】収斂していく先があらかじめ告げられた、読者に不思議な感慨を与える傑作 ~『推敲』
【書評】収斂していく先があらかじめ告げられた、読者に不思議な感慨を与える傑作 ~『推敲』 【書評】『推敲』著◎トーマス・ベルンハルト 訳◎飯島雄太郎
仲俣暁生
【書評】自閉症者たちと小説作品を読んだセッションの記録 ~『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書』
【書評】自閉症者たちと小説作品を読んだセッションの記録 ~『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書』 【書評】『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書 自閉症者と小説を読む』著◎ラルフ・ジェームズ・サヴァリーズ 訳◎岩坂彰
仲俣暁生
【書評】手垢まみれの言葉が殺されていく。現代詩ならではの激烈な経験を~『h-moll』
【書評】手垢まみれの言葉が殺されていく。現代詩ならではの激烈な経験を~『h-moll』 【書評】『h-moll』 著◎平川綾真智
豊崎由美
【書評】初めて書いた小説とは思えない、非常にテクニカルな芥川賞受賞作~『貝に続く場所にて』
【書評】初めて書いた小説とは思えない、非常にテクニカルな芥川賞受賞作~『貝に続く場所にて』 【書評】『貝に続く場所にて』 著◎石沢麻依
豊崎由美
【書評】ゴミ屋敷と潔癖症、実はその根底は同じ~『潜入・ゴミ屋敷 孤立社会が生む新しい病』
【書評】ゴミ屋敷と潔癖症、実はその根底は同じ~『潜入・ゴミ屋敷 孤立社会が生む新しい病』 【書評】『潜入・ゴミ屋敷 孤立社会が生む新しい病』著◎笹井恵里子
白石公子
【書評】あの世とこの世がつながっているような海底世界へ。170歳の海女たちの大冒険 ~『姉の島』
【書評】あの世とこの世がつながっているような海底世界へ。170歳の海女たちの大冒険 ~『姉の島』 【書評】『姉の島』著◎村田喜代子
白石公子
【書評】どちらが嘘つきで正しいのか。映画界の巨匠を巡る泥沼スキャンダル ~『ウディ・アレン追放』
【書評】どちらが嘘つきで正しいのか。映画界の巨匠を巡る泥沼スキャンダル ~『ウディ・アレン追放』 【書評】『ウディ・アレン追放』著◎猿渡由紀
白石公子
【書評】薬物に頼る人を、自堕落な人間という類型にあてはめずにじっと見る ~『薬を食う女たち』
【書評】薬物に頼る人を、自堕落な人間という類型にあてはめずにじっと見る ~『薬を食う女たち』 【書評】『薬を食う女たち』著◎五所純子
渡邊十絲子
【書評】身辺雑記に見せかけた濃いめのリモート講義 ~『フィールド言語学者、巣ごもる。』
【書評】身辺雑記に見せかけた濃いめのリモート講義 ~『フィールド言語学者、巣ごもる。』 【書評】『フィールド言語学者、巣ごもる。』著◎吉岡乾
渡邊十絲子
【書評】「いま、ここ」を丸ごと引き受けた航海記~『生命海流GALAPAGOS』
【書評】「いま、ここ」を丸ごと引き受けた航海記~『生命海流GALAPAGOS』 【書評】『生命海流GALAPAGOS』著◎福岡伸一
渡邊十絲子
【書評】認知症を受け入れられない当事者にとって、「違う」と言ってくる人間はすべて敵 ~『全員悪人』
【書評】認知症を受け入れられない当事者にとって、「違う」と言ってくる人間はすべて敵 ~『全員悪人』 【書評】『全員悪人』著◎村井理子
川口晴美
ページのトップへ