book

健常者よ、自らの「まともさ」を疑え
健常者よ、自らの「まともさ」を疑え 書評:『まともがゆれる 常識をやめる「スウィング」の実験』木ノ戸昌幸・著
日本文学きっての天才肌を英国作家があぶりだす
日本文学きっての天才肌を英国作家があぶりだす 書評:『Xと云う患者 龍之介幻想』デイヴィッド・ピース・著
擬態することがはたして幸せにつながるのかを問い直す
擬態することがはたして幸せにつながるのかを問い直す ベストセラー散歩:『ダルちゃん』はるな檸檬
家族の生死のあわいで綴ったユーモラスな訪問記
家族の生死のあわいで綴ったユーモラスな訪問記 書評:『文豪お墓まいり記』山崎ナオコーラ・著
現代の精神医療にひそむ多剤大量処方の闇とは
現代の精神医療にひそむ多剤大量処方の闇とは 書評:『青年はなぜ死んだのか カルテから読み解く 精神病院患者暴行死事件の真実』嶋田和子・著
「未知なるもの」でありつづける胎児の世界
「未知なるもの」でありつづける胎児の世界 書評:『胎児のはなし』最相葉月・増㟢英明・著
魂の囁きのごとき文章が、読み手の魂の琴線を震わせる
魂の囁きのごとき文章が、読み手の魂の琴線を震わせる 書評:『すべての、 白いものたちの』ハン・ガン・著
「手を打たないと大変なことになる」とう思い込みが、目を曇らす
「手を打たないと大変なことになる」とう思い込みが、目を曇らす ベストセラー散歩:『FACTFULNESS』ハンス・ロスリングほか
韓流フェミニズム文学の流れを汲む、戦慄の韓流スリラー
韓流フェミニズム文学の流れを汲む、戦慄の韓流スリラー 書評:『あの子はもういない』イ・ドゥオン・著
次第にすれ違う夫婦が、各々の速度で辿り着く先は
次第にすれ違う夫婦が、各々の速度で辿り着く先は 書評:『夢も見ずに眠った。』絲山秋子
ドライブイン文化はまだ死んでいない
ドライブイン文化はまだ死んでいない 書評:『ドライブイン探訪』橋本倫史・著
口の中で飴玉を転がすように、 言葉を味わいたくなる
口の中で飴玉を転がすように、 言葉を味わいたくなる 書評:『失われたものたちの国で』深沢レナ
韓国発のフェミニズム小説が話題に。共感が日本でも広がった理由
韓国発のフェミニズム小説が話題に。共感が日本でも広がった理由 ベストセラー散歩:『82年生まれ、キム・ジヨン』チョ・ナムジュ
読んだら最後、もう世界を元通りには見られない
読んだら最後、もう世界を元通りには見られない 書評:『人間界の諸相』木下古栗
オリンピックの熱狂後も、東京で若者たちは逞しく生きる
オリンピックの熱狂後も、東京で若者たちは逞しく生きる 書評:『東京の子』藤井太洋
専門家が解説する「記憶力」の衰えの正体
専門家が解説する「記憶力」の衰えの正体 書評:『老いと記憶 加齢で得るもの、失うもの』増本康平・著
ノーベル賞に最も近い米作家の、詩的な内面世界
ノーベル賞に最も近い米作家の、詩的な内面世界 書評:『ポイント・オメガ』ドン・デリーロ・著
ページのトップへ