book

【書評】「日本の食はすごい」は、いつから言われ始めた? ~『〈メイド・イン・ジャパン〉の食文化史』
【書評】「日本の食はすごい」は、いつから言われ始めた? ~『〈メイド・イン・ジャパン〉の食文化史』 書評:『〈メイド・イン・ジャパン〉の食文化史』畑中三応子・著
白石公子
【ベストセラー散歩】今だからこそ手に取って、心の旅を ~『地図帳の深読み』
【ベストセラー散歩】今だからこそ手に取って、心の旅を ~『地図帳の深読み』 ベストセラー散歩:『地図帳の深読み』今尾恵介・著
鵜飼哲夫
【書評】文化を理解しない権力者への激しい怒り ~『鶴屋南北の殺人』
【書評】文化を理解しない権力者への激しい怒り ~『鶴屋南北の殺人』 書評:『鶴屋南北の殺人』芦辺拓・著
仲俣暁生
【書評】ワンオペ育児の父が叫ぶ「男も政治もクソだ!」~『パパいや、めろん』
【書評】ワンオペ育児の父が叫ぶ「男も政治もクソだ!」~『パパいや、めろん』 書評:『パパいや、めろん 男が子育てしてみつけた17の知恵』海猫沢めろん・著
渡邊十絲子
【書評】バスク地方の政治的事情と美しい風景が詩的に重なって ~『アコーディオン弾きの息子』
【書評】バスク地方の政治的事情と美しい風景が詩的に重なって ~『アコーディオン弾きの息子』 書評:『アコーディオン弾きの息子』ベルナルド・アチャガ・著/金子奈美・訳
豊崎由美
【書評】細かすぎる「懐かしの昭和」に漂う多幸感 ~『夏の迷い子』
【書評】細かすぎる「懐かしの昭和」に漂う多幸感 ~『夏の迷い子』 書評:『夏の迷い子』泉麻人・著
白石公子
新宿や六本木が廃墟になったら~『東京幻想作品集』
新宿や六本木が廃墟になったら~『東京幻想作品集』 ベストセラー散歩:『東京幻想作品集』 東京幻想・著
川口晴美
【書評】「蒙昧」なのはあの当時か、それとも今か? ~『日本蒙昧前史』
【書評】「蒙昧」なのはあの当時か、それとも今か? ~『日本蒙昧前史』 書評:『日本蒙昧前史』』礒崎憲一郎・著
仲俣暁生
【書評】にぎやかな患者たちの賢くておもしろい暮らし方~『治したくない ひがし町診療所の日々』
【書評】にぎやかな患者たちの賢くておもしろい暮らし方~『治したくない ひがし町診療所の日々』 書評:『治したくない ひがし町診療所の日々』斉藤道雄・著
渡邊十絲子
【書評】芥川賞受賞作に込められた3つの不思議とは ~『首里の馬』
【書評】芥川賞受賞作に込められた3つの不思議とは ~『首里の馬』 書評:『首里の馬』高山羽根子 ・著
豊崎由美
【書評】爽快感溢れる家族小説 ~『水を縫う』
【書評】爽快感溢れる家族小説 ~『水を縫う』 書評:『水を縫う』寺地はるな・著
白石公子
【ベストセラー散歩】家でゴロゴロしている夫に贈りたい ~『還暦からの底力』
【ベストセラー散歩】家でゴロゴロしている夫に贈りたい ~『還暦からの底力』 ベストセラー散歩:『還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方』出口治明・著
鵜飼哲夫
【書評】見かけの過激な言動と裏腹にイデオロギーは「着脱可能」 ~『ルポ 百田尚樹現象』
【書評】見かけの過激な言動と裏腹にイデオロギーは「着脱可能」 ~『ルポ 百田尚樹現象』 書評:『ルポ 百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地』石戸諭・著
仲俣暁生
【書評】この物語を、全女性に読んでほしい。~『レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話』
【書評】この物語を、全女性に読んでほしい。~『レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話』 書評:『レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話』橘みつ・著
渡邊十絲子
【書評】短編の名手の巧みな語り口でじょじょに人間模様が明らかに ~『蜜のように甘く』
【書評】短編の名手の巧みな語り口でじょじょに人間模様が明らかに ~『蜜のように甘く』 書評:『蜜のように甘く』イーディス・パールマン ・著
豊崎由美
【書評】なぜ彼らは刑務所に戻ってしまうのか ~『ルポ 老人受刑者』
【書評】なぜ彼らは刑務所に戻ってしまうのか ~『ルポ 老人受刑者』 書評:『ルポ 老人受刑者』斎藤充功・著
白石公子
残酷で純粋な命のやりとりの物語は、社会現象に ~『鬼滅の刃』1〜20巻
残酷で純粋な命のやりとりの物語は、社会現象に ~『鬼滅の刃』1〜20巻 ベストセラー散歩:『鬼滅の刃』1〜20巻 吾峠呼世晴・著
川口晴美
【書評】主人公の成長も楽しみな江戸時代ミステリ新シリーズ ~『きたきた捕物帖』
【書評】主人公の成長も楽しみな江戸時代ミステリ新シリーズ ~『きたきた捕物帖』 書評:『きたきた捕物帖』宮部みゆき・著
仲俣暁生
【書評】万年筆を自在にあやつる西洋版書道の世界へ~『美しい痕跡 手書きへの讃歌』
【書評】万年筆を自在にあやつる西洋版書道の世界へ~『美しい痕跡 手書きへの讃歌』 書評:『美しい痕跡 手書きへの讃歌』フランチェスカ・ビアゼットン・著
渡邊十絲子
【書評】もしも人生を何度もやり直せるとしたら ~『ライフ・アフター・ライフ』
【書評】もしも人生を何度もやり直せるとしたら ~『ライフ・アフター・ライフ』 書評:『ライフ・アフター・ライフ』ケイト・アトキンソン・著
豊崎由美
ページのトップへ