book

野球選手の座右の書に⁉ 新1万円札の顔・渋沢栄一による古典
野球選手の座右の書に⁉ 新1万円札の顔・渋沢栄一による古典 ベストセラー散歩:『論語と算盤』渋沢栄一・著
物事がうまくいかなければ、ストーリーを疑ってみる
物事がうまくいかなければ、ストーリーを疑ってみる 書評:『物語は人生を救うのか』千野帽子・著
北海道開拓世代の老人から受け取った言葉と思い
北海道開拓世代の老人から受け取った言葉と思い 書評:『庭とエスキース』奥山淳志・著
首狩り族と生活を共にし、「人肉食」の謎に迫る
首狩り族と生活を共にし、「人肉食」の謎に迫る 書評:『人喰い ロックフェラー失踪事件』カール・ホフマン・著
夥しい数の広告コピーを日付に関連づけて
夥しい数の広告コピーを日付に関連づけて ベストセラー散歩:『毎日読みたい365日の広告コピー』WRITES PUBLISHING・著
作品への「聖地巡礼」が都市に積み重ねたもの
作品への「聖地巡礼」が都市に積み重ねたもの 書評:『まちあるき文化考 交叉する〈都市〉と〈物語〉』渡辺裕・著
「中南米文学、何から読めばいい?」という方に熱烈推薦
「中南米文学、何から読めばいい?」という方に熱烈推薦 書評:『20世紀 ラテンアメリカ 短篇選』野谷文昭・編訳
スウェーデン発、新鋭作家の「毒母」心理サスペンス
スウェーデン発、新鋭作家の「毒母」心理サスペンス 書評:『私のイサベル』エリーサベト・ノウレベック・著
「夢のような未来」の青写真がこの国を貧しくしてきた
「夢のような未来」の青写真がこの国を貧しくしてきた 書評:『豊かさ幻想 戦後日本が目指したもの』森正人・著
「令和」の典拠になった万葉集が時を超えてブームに
「令和」の典拠になった万葉集が時を超えてブームに ベストセラー散歩:『万葉の秀歌』中西 進・著
「オンリー・ワン」がよしとされる時代に生まれて
「オンリー・ワン」がよしとされる時代に生まれて 書評:『死にがいを求めて 生きているの』朝井リョウ・著
見えない子どもたちが学ぶ豊かな生物学の世界
見えない子どもたちが学ぶ豊かな生物学の世界 書評:『手で見るいのち ある不思議な授業の力』柳楽未来・著
貧困に直面した女性たちの、生々しい本音
貧困に直面した女性たちの、生々しい本音 書評:『東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか』中村淳彦・著
自分の在りように不安を抱える主人公たち
自分の在りように不安を抱える主人公たち 書評:『藁の王』谷崎由依・著
この母にしてこの娘あり。その半生は、波瀾万丈、規格外!
この母にしてこの娘あり。その半生は、波瀾万丈、規格外! ベストセラー散歩:『ヴィオラ母さん』ヤマザキマリ・著
なぜ彼は残酷な営みを続けるのか。英国文学界を騒然とさせたミステリー
なぜ彼は残酷な営みを続けるのか。英国文学界を騒然とさせたミステリー 書評:『蜂工場』イアン・バンクス・著
熊本の本屋さんに流れる日々の言葉と、土地の気配と
熊本の本屋さんに流れる日々の言葉と、土地の気配と 書評:『みぎわに立って』田尻久子・著
悲惨だった生活を痛快に綴る知的でユニークな回想録
悲惨だった生活を痛快に綴る知的でユニークな回想録 書評:『私のカトリック少女時代』メアリー・マッカーシー・著
「料理を語るプロ」たちを、熱意を込めて解剖する
「料理を語るプロ」たちを、熱意を込めて解剖する 書評:『食べたくなる本』三浦哲哉・著
今につながるナチス時代の空気ー『ベルリンは晴れているか』深緑野分・著
今につながるナチス時代の空気ー『ベルリンは晴れているか』深緑野分・著 ベストセラー散歩
ページのトップへ