book

【書評】母の秘密を辿って政府機関で働きだした男は ~『戦下の淡き光』
【書評】母の秘密を辿って政府機関で働きだした男は ~『戦下の淡き光』 書評:『戦下の淡き光』マイケル・オンダーチェ・著
仲俣暁生
【書評】「教誨師」という仕事の意義、過酷さに心掴まれるミステリ ~『死にゆく者の祈り』
【書評】「教誨師」という仕事の意義、過酷さに心掴まれるミステリ ~『死にゆく者の祈り』 書評:『死にゆく者の祈り』中山七里・著
白石公子
【ベストセラー散歩】説得力のある、極上のキザな台詞 ~『マチネの終わりに』
【ベストセラー散歩】説得力のある、極上のキザな台詞 ~『マチネの終わりに』 ベストセラー散歩:『マチネの終わりに』平野啓一郎・著
鵜飼哲夫
【書評】80年代文化を育てた著者は暮らしをどう見つめたか ~『サンライト 永井宏 散文集』
【書評】80年代文化を育てた著者は暮らしをどう見つめたか ~『サンライト 永井宏 散文集』 書評:『サンライト 永井宏 散文集』永井 宏・著
渡邊十絲子
【書評】ほぼ全編が、会話!やがて世界的陰謀が明らかに ~『カーペンターズ・ゴシック』
【書評】ほぼ全編が、会話!やがて世界的陰謀が明らかに ~『カーペンターズ・ゴシック』 書評:『カーペンターズ・ゴシック』ウィリアム・ギャディス・著
豊崎由美
【書評】売り出し中の小泉今日子に夢中になったあの頃… ~『オートリバース』
【書評】売り出し中の小泉今日子に夢中になったあの頃… ~『オートリバース』 書評:『オートリバース』高崎卓馬・著
白石公子
【ベストセラー散歩】同時代を生きる詩として、支持 ~『恋人たちはせーので光る』
【ベストセラー散歩】同時代を生きる詩として、支持 ~『恋人たちはせーので光る』 ベストセラー散歩:『恋人たちはせーので光る』最果タヒ・著
川口晴美
【書評】この陰惨な事件はどこでも起こりうる…… ~『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』
【書評】この陰惨な事件はどこでも起こりうる…… ~『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』 書評:『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』高橋ユキ・著
仲俣暁生
【書評】負のイメージの多い業界にも明るい未来はある! ~『かっこいい福祉』
【書評】負のイメージの多い業界にも明るい未来はある! ~『かっこいい福祉』 書評:『かっこいい福祉』村木厚子、今中博之・著
渡邊十絲子
【書評】古今東西の定番とおすすめ。日本からはあの作品が… ~『世界物語大辞典』
【書評】古今東西の定番とおすすめ。日本からはあの作品が… ~『世界物語大辞典』 書評:『世界物語大辞典』ローラ・ミラー・著
豊崎由美
【書評】現代アフリカの現実をうつす戦慄の事件がミステリーに ~『隠された悲鳴』
【書評】現代アフリカの現実をうつす戦慄の事件がミステリーに ~『隠された悲鳴』 書評:『隠された悲鳴』ユニティ・ダウ・著
白石公子
【ベストセラー散歩】少年たちが非行に走ってしまう理由 ~『ケーキの切れない非行少年たち』
【ベストセラー散歩】少年たちが非行に走ってしまう理由 ~『ケーキの切れない非行少年たち』 ベストセラー散歩:『ケーキの切れない非行少年たち』宮口幸治・著
鵜飼哲夫
【書評】コミカルな冒険活劇が辿り着くフィリピン戦の実態 ~『遠い他国でひょんと死ぬるや』
【書評】コミカルな冒険活劇が辿り着くフィリピン戦の実態 ~『遠い他国でひょんと死ぬるや』 書評:『遠い他国でひょんと死ぬるや』宮内悠介・著
仲俣暁生
【書評】一緒にいる女が何をがまんしているか ~『よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門』
【書評】一緒にいる女が何をがまんしているか ~『よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門』 書評:『よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門』清田隆之・著
渡邊十絲子
【書評】小さな出版社が再発掘! ユニークな才能による中短篇 ~『雨とカラス』
【書評】小さな出版社が再発掘! ユニークな才能による中短篇 ~『雨とカラス』 書評:『雨とカラス』澤西祐典・著
豊崎由美
【書評】家の中でなぜ悲劇は起こってしまったか ~『孤絶 家族内事件』
【書評】家の中でなぜ悲劇は起こってしまったか ~『孤絶 家族内事件』 書評:『孤絶 家族内事件』読売新聞社会部・著
白石公子
【書評】大阪ミナミのアメ村で、医師が二足のわらじを続けるわけ ~『夜しか開かない精神科診療所』
【書評】大阪ミナミのアメ村で、医師が二足のわらじを続けるわけ ~『夜しか開かない精神科診療所』 書評:『夜しか開かない精神科診療所』片上徹也・著
渡邊十絲子
【ベストセラー散歩】遠い国の誰かが身近になるフェミニズム小説 ~『三つ編み』
【ベストセラー散歩】遠い国の誰かが身近になるフェミニズム小説 ~『三つ編み』 ベストセラー散歩:『三つ編み』レティシア・コロンバニ・著
川口晴美
【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』
【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』 書評:『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件 なぜ美しい羽は狙われたのか』カーク・ウォレス・ジョンソン・著
仲俣暁生
【書評】7人の身体に転移しながら同じ謎ときに8回挑む! ~『イヴリン嬢は七回殺される』
【書評】7人の身体に転移しながら同じ謎ときに8回挑む! ~『イヴリン嬢は七回殺される』 書評:『イヴリン嬢は七回殺される』スチュアート・タートン・著
豊崎由美
ページのトップへ