book

【書評】家の中でなぜ悲劇は起こってしまったか ~『孤絶 家族内事件』
【書評】家の中でなぜ悲劇は起こってしまったか ~『孤絶 家族内事件』 書評:『孤絶 家族内事件』読売新聞社会部・著
白石公子
【書評】大阪ミナミのアメ村で、医師が二足のわらじを続けるわけ ~『夜しか開かない精神科診療所』
【書評】大阪ミナミのアメ村で、医師が二足のわらじを続けるわけ ~『夜しか開かない精神科診療所』 書評:『夜しか開かない精神科診療所』片上徹也・著
渡邊十絲子
【ベストセラー散歩】遠い国の誰かが身近になるフェミニズム小説 ~『三つ編み』
【ベストセラー散歩】遠い国の誰かが身近になるフェミニズム小説 ~『三つ編み』 ベストセラー散歩:『三つ編み』レティシア・コロンバニ・著
川口晴美
【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』
【書評】鳥の死骸だけを大量に盗む犯人の動機は? ~『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件』 書評:『大英自然史博物館珍鳥標本盗難事件 なぜ美しい羽は狙われたのか』カーク・ウォレス・ジョンソン・著
仲俣暁生
【書評】7人の身体に転移しながら同じ謎ときに8回挑む! ~『イヴリン嬢は七回殺される』
【書評】7人の身体に転移しながら同じ謎ときに8回挑む! ~『イヴリン嬢は七回殺される』 書評:『イヴリン嬢は七回殺される』スチュアート・タートン・著
豊崎由美
【書評】差別と偏見による冤罪にも曲げない信念 ~『奇妙な死刑囚』
【書評】差別と偏見による冤罪にも曲げない信念 ~『奇妙な死刑囚』 書評:『奇妙な死刑囚』アンソニー・レイ・ヒントン・著
白石公子
【ベストセラー散歩】カトパンの「話し方」指南書から学ぶ ~『会話は、とぎれていい』
【ベストセラー散歩】カトパンの「話し方」指南書から学ぶ ~『会話は、とぎれていい』 ベストセラー散歩:『会話は、とぎれていい 愛される48のヒント』加藤綾子・著
鵜飼哲夫
【書評】ノーベル文学賞候補との声も高い作家の魅力あふれる作品集 ~『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』
【書評】ノーベル文学賞候補との声も高い作家の魅力あふれる作品集 ~『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』 書評:『黒い豚の毛、白い豚の毛 自選短篇集』閻連科・著
仲俣暁生
【書評】隣でふんふんと話を聴くような92歳詩人の最新作 ~『むすび・言葉について 30章』
【書評】隣でふんふんと話を聴くような92歳詩人の最新作 ~『むすび・言葉について 30章』 書評:『むすび・言葉について 30章』中村稔・著
渡邊十絲子
【書評】鯨ではなく、アヒルの玩具を追う冒険譚 ~『モービー・ダック』
【書評】鯨ではなく、アヒルの玩具を追う冒険譚 ~『モービー・ダック』 書評:『モービー・ダック』ドノヴァン・ホーン・著/訳◎村上光彦、横濱一樹
豊崎由美
【書評】あの世とこの世をさまよう魂の姿、慎ましく生きる人々の哀感 ~『化物蝋燭』
【書評】あの世とこの世をさまよう魂の姿、慎ましく生きる人々の哀感 ~『化物蝋燭』 書評:『化物蝋燭』木内昇・著
白石公子
【ベストセラー散歩】シリーズ累計で2100万部! 桁違いのベストセラーがついに邦訳 ~『三体』
【ベストセラー散歩】シリーズ累計で2100万部! 桁違いのベストセラーがついに邦訳 ~『三体』 ベストセラー散歩:『三体』劉慈欣・著
川口晴美
【書評】同性婚にお一人様婚も!? 前代未聞の「結婚披露宴」小説 ~『神前酔狂宴』
【書評】同性婚にお一人様婚も!? 前代未聞の「結婚披露宴」小説 ~『神前酔狂宴』 書評:『神前酔狂宴』古谷田奈月・著
仲俣暁生
【書評】口先だけのなぐさめを、彼は必要としていない ~『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』
【書評】口先だけのなぐさめを、彼は必要としていない ~『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 書評:『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ・著
渡邊十絲子
【書評】原始を舞台に、壮大な物語がここから始まる ~『ウナノハテノガタ』
【書評】原始を舞台に、壮大な物語がここから始まる ~『ウナノハテノガタ』 書評:『ウナノハテノガタ』大森兄弟・著
豊崎由美
【書評】なぜ彼女はセレブになりすまして逃げ続けるのか? ~『わたしがわたしであるために』
【書評】なぜ彼女はセレブになりすまして逃げ続けるのか? ~『わたしがわたしであるために』 書評:『わたしがわたしであるために』E・ロックハート・著
白石公子
【ベストセラー散歩】虚実の狭間を描いた直木賞受賞作 ~『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』
【ベストセラー散歩】虚実の狭間を描いた直木賞受賞作 ~『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』大島真寿美・著
鵜飼哲夫
【書評】貫一・お宮が現代に蘇ったら…『金色夜叉』を大胆アレンジ ~『黄金夜界』
【書評】貫一・お宮が現代に蘇ったら…『金色夜叉』を大胆アレンジ ~『黄金夜界』 書評:『黄金夜界』橋本 治・著
仲俣暁生
【書評】「子どもが主役」と考え続けた希有な知性 ~『かこさとしの世界』
【書評】「子どもが主役」と考え続けた希有な知性 ~『かこさとしの世界』 書評:『かこさとしの世界』加古総合研究所・監修
渡邊十絲子
【書評】腐女子な『嵐が丘』から、不自由な『アナ雪』まで ~『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』
【書評】腐女子な『嵐が丘』から、不自由な『アナ雪』まで ~『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』 書評:『お砂糖とスパイスと爆発的な何か 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』北村紗衣・著
豊崎由美
ページのトップへ