「書くこと」の記事一覧

「今日からおまえの神だ。」と言うほど圧倒的に遠い《師弟関係》 ~中山可穂「銀橋」に見る名場面
寄稿 「今日からおまえの神だ。」と言うほど圧倒的に遠い《師弟関係》 ~中山可穂「銀橋」に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第13回「師弟関係」
三宅香帆
【書評】収斂していく先があらかじめ告げられた、読者に不思議な感慨を与える傑作 ~『推敲』
エッセイ 【書評】収斂していく先があらかじめ告げられた、読者に不思議な感慨を与える傑作 ~『推敲』 【書評】『推敲』著◎トーマス・ベルンハルト 訳◎飯島雄太郎
仲俣暁生
【書評】自閉症者たちと小説作品を読んだセッションの記録 ~『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書』
エッセイ 【書評】自閉症者たちと小説作品を読んだセッションの記録 ~『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書』 【書評】『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書 自閉症者と小説を読む』著◎ラルフ・ジェームズ・サヴァリーズ 訳◎岩坂彰
仲俣暁生
【書評】手垢まみれの言葉が殺されていく。現代詩ならではの激烈な経験を~『h-moll』
エッセイ 【書評】手垢まみれの言葉が殺されていく。現代詩ならではの激烈な経験を~『h-moll』 【書評】『h-moll』 著◎平川綾真智
豊崎由美
上白石萌音、原田ひ香に語る「負のパワーの言葉が見えなくなるくらい、美しい言葉で世界を埋め尽くせたら」
対談 上白石萌音、原田ひ香に語る「負のパワーの言葉が見えなくなるくらい、美しい言葉で世界を埋め尽くせたら」 【対談】本を読む楽しみ、書く喜び〈後編〉
上白石萌音 原田ひ香
上白石萌音、原田ひ香に語る「紙の質感や装幀なども含めて、〈本〉そのものが〈モノ〉としてたまらなく好き」
対談 上白石萌音、原田ひ香に語る「紙の質感や装幀なども含めて、〈本〉そのものが〈モノ〉としてたまらなく好き」 【対談】本を読む楽しみ、書く喜び〈前編〉
上白石萌音 原田ひ香
「恋愛小説読んでよかった~!」と感じる《恋人同士》の会話 ~金原ひとみ「アンソーシャル ディスタンス」に見る名場面
寄稿 「恋愛小説読んでよかった~!」と感じる《恋人同士》の会話 ~金原ひとみ「アンソーシャル ディスタンス」に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第12回「恋人関係」
三宅香帆
加藤秀俊「65年間二人三脚で歩んだ妻の死。いい聞き手で話し手だった彼女に向けたラブレター」
インタビュー 加藤秀俊「65年間二人三脚で歩んだ妻の死。いい聞き手で話し手だった彼女に向けたラブレター」 連載・私の書いた本 ~加藤秀俊『九十歳のラブレター』
加藤秀俊
筒井康隆、「あ」が消える小説『残像に口紅を』がTikTokで再ブレイク。87歳「すべて出し切った」と言える幸せ
インタビュー 筒井康隆、「あ」が消える小説『残像に口紅を』がTikTokで再ブレイク。87歳「すべて出し切った」と言える幸せ 30年経っても色褪せない実験的な作品とは
筒井康隆
「わかる」と「わからない」が両立する《恋愛未満》の関係 ~豊島ミホ「あなたを沈める海」に見る名場面
寄稿 「わかる」と「わからない」が両立する《恋愛未満》の関係 ~豊島ミホ「あなたを沈める海」に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第11回「恋愛未満」
三宅香帆
【書評】あの世とこの世がつながっているような海底世界へ。170歳の海女たちの大冒険 ~『姉の島』
エッセイ 【書評】あの世とこの世がつながっているような海底世界へ。170歳の海女たちの大冒険 ~『姉の島』 【書評】『姉の島』著◎村田喜代子
白石公子
おもいっきり人間の目線を通して《動物》の姿を描くことで見える、魅力的な関係 ~小川洋子『ことり』に見る名場面
寄稿 おもいっきり人間の目線を通して《動物》の姿を描くことで見える、魅力的な関係 ~小川洋子『ことり』に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第10回「動物との関係」
三宅香帆
【書評】身辺雑記に見せかけた濃いめのリモート講義 ~『フィールド言語学者、巣ごもる。』
エッセイ 【書評】身辺雑記に見せかけた濃いめのリモート講義 ~『フィールド言語学者、巣ごもる。』 【書評】『フィールド言語学者、巣ごもる。』著◎吉岡乾
渡邊十絲子
【書評】「いま、ここ」を丸ごと引き受けた航海記~『生命海流GALAPAGOS』
エッセイ 【書評】「いま、ここ」を丸ごと引き受けた航海記~『生命海流GALAPAGOS』 【書評】『生命海流GALAPAGOS』著◎福岡伸一
渡邊十絲子
五木寛之×佐藤愛子「作家は、普通の方より恥ずかしいことが多い。人並の業では、小説なんて書けません」
対談 五木寛之×佐藤愛子「作家は、普通の方より恥ずかしいことが多い。人並の業では、小説なんて書けません」 【対談】記憶の扉を開けてみると<前編>
五木寛之 佐藤愛子
《友情》を超えた女の子同士の関係は、台詞に「裏の意味」を隠して ~松浦理英子『最愛の子ども』に見る名場面
寄稿 《友情》を超えた女の子同士の関係は、台詞に「裏の意味」を隠して ~松浦理英子『最愛の子ども』に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第9回「友情」
三宅香帆
町田そのこ×辻村深月「だから辻村さんに、私の言葉を読んでもらいたかった」「本屋大賞」作家対談<後編>
対談 町田そのこ×辻村深月「だから辻村さんに、私の言葉を読んでもらいたかった」「本屋大賞」作家対談<後編> また「おめでとう」と言っていただけるように
町田そのこ 辻村深月
町田そのこ×辻村深月「出産したからといっても、私は私のままで変わらないのだと」「本屋大賞」作家対談<前編>
対談 町田そのこ×辻村深月「出産したからといっても、私は私のままで変わらないのだと」「本屋大賞」作家対談<前編> 母親業と作家業を両立させるには
町田そのこ 辻村深月
《ライバル》関係は、「才能がある同士でしか理解できないこと」を描くといい ~辻村深月『スロウハイツの神様』に見る名場面
寄稿 《ライバル》関係は、「才能がある同士でしか理解できないこと」を描くといい ~辻村深月『スロウハイツの神様』に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第8回「ライバル」
三宅香帆
「完全無欠の幸福は、死そのものだった」《別れ》を予感させる美しい台詞とは ~田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』に見る名場面
寄稿 「完全無欠の幸福は、死そのものだった」《別れ》を予感させる美しい台詞とは ~田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』に見る名場面 連載:書きたい人のための「名場面読本」第7回「別れ」
三宅香帆
ページのトップへ