「植物」の記事一覧

【楓(カエデ)】紅葉(モミジ)と意味の区別はなく、語源は葉が「カエルの手」に見えることから。嵐山や日光など、名所にある共通点とは?
専門家
【楓(カエデ)】紅葉(モミジ)と意味の区別はなく、語源は葉が「カエルの手」に見えることから。嵐山や日光など、名所にある共通点とは?
田中修2022年09月19日
【鶏頭(ケイトウ)】花びらがなく萼(がく)が色づく。まるで鶏の頭にある鶏冠(とさか)に見えることから、英語名も「コックスコーム」
専門家
【鶏頭(ケイトウ)】花びらがなく萼(がく)が色づく。まるで鶏の頭にある鶏冠(とさか)に見えることから、英語名も「コックスコーム」
田中修2022年09月04日
【朝顔(アサガオ)】朝と夕方で花が青色⇒赤紫色に変わるのはなぜ? 英名は「ジャパニーズ・モーニング・グローリー」。江戸時代、日本で品種改良が行われた
専門家
【朝顔(アサガオ)】朝と夕方で花が青色⇒赤紫色に変わるのはなぜ? 英名は「ジャパニーズ・モーニング・グローリー」。江戸時代、日本で品種改良が行われた
田中修2022年08月21日
今井美樹 59歳の今、60代の役割を考えている。「紅花」とのご縁を『おもひでぽろぽろ』のタエ子ちゃんがつないでくれたから
インタビュー
今井美樹 59歳の今、60代の役割を考えている。「紅花」とのご縁を『おもひでぽろぽろ』のタエ子ちゃんがつないでくれたから
今井美樹2022年08月18日
【向日葵(ヒマワリ)】一つの花に千以上の花と種!太陽を追って回るのは、花ではなく葉とツボミ
専門家
【向日葵(ヒマワリ)】一つの花に千以上の花と種!太陽を追って回るのは、花ではなく葉とツボミ
田中修2022年08月07日
設計から施工まですべてが社員の手づくり!2023年に30周年を迎える「湧永満之記念庭園」。来園者によるフォトコンテストも開催中
ルポ
設計から施工まですべてが社員の手づくり!2023年に30周年を迎える「湧永満之記念庭園」。来園者によるフォトコンテストも開催中
「婦人公論.jp」編集部2022年08月01日
【ハイビスカス】ハワイでは「歓迎」沖縄では「仏様の花」の意味を持つ。ハイビスカスティーはクレオパトラが愛飲するほどの美容効果が
専門家
【ハイビスカス】ハワイでは「歓迎」沖縄では「仏様の花」の意味を持つ。ハイビスカスティーはクレオパトラが愛飲するほどの美容効果が
田中修2022年07月24日
【芙蓉・酔芙蓉(フヨウ・スイフヨウ)】朝は白い花がだんだん色づき、夕方には赤に。酔っていく様子にたとえられる。花言葉は「心変わり」
専門家
【芙蓉・酔芙蓉(フヨウ・スイフヨウ)】朝は白い花がだんだん色づき、夕方には赤に。酔っていく様子にたとえられる。花言葉は「心変わり」
田中修2022年07月10日
【木槿(ムクゲ)】1日で萎れてしまうのに、沢山咲いて窮しないから韓国では〈無窮花〉と呼ばれる。日本の漢字は中国名から
専門家
【木槿(ムクゲ)】1日で萎れてしまうのに、沢山咲いて窮しないから韓国では〈無窮花〉と呼ばれる。日本の漢字は中国名から
田中修2022年06月26日
【牡丹(ボタン)】「唐獅子牡丹」など、その風格で百獣の王・ライオンと肩を並べる「花の王様」。原種の色「丹=赤」が名前の由来
専門家
【牡丹(ボタン)】「唐獅子牡丹」など、その風格で百獣の王・ライオンと肩を並べる「花の王様」。原種の色「丹=赤」が名前の由来
田中修2022年06月12日
【山吹(ヤマブキ)】江戸城をたてた太田道灌の運命の花。歴史に名を残すきっかけは、農家の娘が渡した1本の切り枝だった
専門家
【山吹(ヤマブキ)】江戸城をたてた太田道灌の運命の花。歴史に名を残すきっかけは、農家の娘が渡した1本の切り枝だった
田中修2022年05月29日
【山椒(サンショウ)】英語では「ジャパニーズ・ペパー」日本では古くは「ハジカミ(椒)」とよばれた小粒でピリリと辛いはじける実
専門家
【山椒(サンショウ)】英語では「ジャパニーズ・ペパー」日本では古くは「ハジカミ(椒)」とよばれた小粒でピリリと辛いはじける実
田中修2022年05月15日
【カーネーション】母の日に起こった悲劇。花を枯らした犯人は?萎れないように改良された「ミラクル・ルージュ」の誕生
専門家
【カーネーション】母の日に起こった悲劇。花を枯らした犯人は?萎れないように改良された「ミラクル・ルージュ」の誕生
田中修2022年05月01日
【辛夷(コブシ)】源氏と平家の最後の合戦「壇ノ浦の戦い」。平家の落ち武者を追い詰めたのはいっせいに咲いた白い花
専門家
【辛夷(コブシ)】源氏と平家の最後の合戦「壇ノ浦の戦い」。平家の落ち武者を追い詰めたのはいっせいに咲いた白い花
田中修2022年04月17日
【平戸躑躅(ヒラドツツジ)】生まれ故郷・長崎の平戸が名前につくめずらしい植物。「バラ」と「樹木」が学名の由来
専門家
【平戸躑躅(ヒラドツツジ)】生まれ故郷・長崎の平戸が名前につくめずらしい植物。「バラ」と「樹木」が学名の由来
田中修2022年04月03日
ページのトップへ