「戦争」の記事一覧

戦後広がった下町と山の手の格差。『こち亀』秋本治が目黒の親戚を「東京のおばさん」と呼んでいたワケ
専門家 戦後広がった下町と山の手の格差。『こち亀』秋本治が目黒の親戚を「東京のおばさん」と呼んでいたワケ 格差も範囲も拡大中
橋本健二
終の住処で、75年前の戦禍を思い出す。引き揚げ船が機雷で沈んだ日を
手記 終の住処で、75年前の戦禍を思い出す。引き揚げ船が機雷で沈んだ日を 【私たちのノンフィクション】家族の無事を願い、ただ祈るしかなかった
柿本明美
五木寛之×佐藤愛子「戦争を経験した者として。感じ方はそれぞれだけど、同じ時代を生きてきた」
対談 五木寛之×佐藤愛子「戦争を経験した者として。感じ方はそれぞれだけど、同じ時代を生きてきた」 スペシャル対談<親しかったあの人は回想の中に>
五木寛之 佐藤愛子
五木寛之×佐藤愛子「作家のやめ時とは。〈編集者の褒め言葉を真に受けたらダメよ〉」
対談 五木寛之×佐藤愛子「作家のやめ時とは。〈編集者の褒め言葉を真に受けたらダメよ〉」 スペシャル対談<親しかったあの人は回想の中に>
五木寛之 佐藤愛子
柳楽優弥、有村架純、三浦春馬と過ごした夏。黒崎監督「青春を精一杯生きている若者たちを撮って」
インタビュー 柳楽優弥、有村架純、三浦春馬と過ごした夏。黒崎監督「青春を精一杯生きている若者たちを撮って」 「この人しかいない!」と思う3人と撮ることができた
黒崎博
ヤマザキマリ「松田聖子はアイドル界のカエサルだ!」
寄稿 ヤマザキマリ「松田聖子はアイドル界のカエサルだ!」 「一匹オオカミよりグループ」時代のアイドル考
ヤマザキマリ
ルダシングワ真美「大虐殺を乗り越えたルワンダで、20年以上義肢を作り続けて」
インタビュー ルダシングワ真美「大虐殺を乗り越えたルワンダで、20年以上義肢を作り続けて」 事務員から義肢装具職人の道へ
ルダシングワ真美
今のアメリカは「南北戦争」前夜なのか? アメリカ唯一の内戦は「セレブの反乱」だった
寄稿 今のアメリカは「南北戦争」前夜なのか? アメリカ唯一の内戦は「セレブの反乱」だった アメリカ史における唯一の内戦を振り返る
小川寛大
追悼・鈴木登紀子さん「お料理を伝えることで、次の世代へ幸せをつないでいけたら」
インタビュー 追悼・鈴木登紀子さん「お料理を伝えることで、次の世代へ幸せをつないでいけたら」 連載:私と戦争 こうして暮らしが変わっていった
鈴木登紀子
ヤマザキマリ「今はきっと人間としての機能を鍛える時期」
寄稿 ヤマザキマリ「今はきっと人間としての機能を鍛える時期」 ヤマザキマリがたちどまって気づいたこととは
ヤマザキマリ
『長崎の鐘』永井隆が病床で残した手記「八月九日。一発の原子爆弾は、私たちの頭上に破裂した」
アーカイブ 『長崎の鐘』永井隆が病床で残した手記「八月九日。一発の原子爆弾は、私たちの頭上に破裂した」 「原子病の床に」
永井隆
ヤマザキマリ「パンデミックを生き抜くヒントは『昭和』にあり」
寄稿 ヤマザキマリ「パンデミックを生き抜くヒントは『昭和』にあり」 そもそも人生とは思い通りにならないものである
ヤマザキマリ
ジュリエット・グレコが遺した言葉「平和と自由のシャンソンは永遠です」
インタビュー ジュリエット・グレコが遺した言葉「平和と自由のシャンソンは永遠です」 サルトル、マイルスと交遊した伝説の歌手が語る激動の人生
ジュリエット・グレコ
野坂昭如との思い出を娘が綴る「少年の顔に戻って天国へ旅立った父へ」
エッセイ 野坂昭如との思い出を娘が綴る「少年の顔に戻って天国へ旅立った父へ」 あの日のバラにお返しを
野坂麻央 野坂昭如
野坂昭如が綴る『火垂るの墓』の原点「食欲の前には、すべて愛も、やさしさも色を失った」
アーカイブ 野坂昭如が綴る『火垂るの墓』の原点「食欲の前には、すべて愛も、やさしさも色を失った」 「プレイボーイの子守唄」
野坂昭如
千の風になって・秋川雅史が歌う『長崎の鐘』。古関裕而の曲はなぜ心に響くのか
インタビュー 千の風になって・秋川雅史が歌う『長崎の鐘』。古関裕而の曲はなぜ心に響くのか 悲しい歴史にも希望を見出したい
秋川雅史
105歳・笹本恒子「真珠湾攻撃の前年、私は日本初の女性報道写真家になった」
インタビュー 105歳・笹本恒子「真珠湾攻撃の前年、私は日本初の女性報道写真家になった」 連載:私と戦争 こうして暮らしが変わっていった
笹本恒子
日本は必ず敗戦する…エリート集団「総力戦研究所」の予言が生かされなかった理由
寄稿 日本は必ず敗戦する…エリート集団「総力戦研究所」の予言が生かされなかった理由 「緒戦、奇襲攻撃によって勝利するが…」
中公文庫編集部
【cinema】肺がん闘病中の大林宣彦監督のパワー、力強い反戦のメッセージに圧倒される
トレンド 【cinema】肺がん闘病中の大林宣彦監督のパワー、力強い反戦のメッセージに圧倒される 連載・cinema「海辺の映画館 キネマの玉手箱」/「世界でいちばん貧しい大統領」/「デッド・ドント・ダイ」
池谷律代
【湯川れい子の「私と戦争」】音楽と映画を愛した兄は、ルソンで戦死した
インタビュー 【湯川れい子の「私と戦争」】音楽と映画を愛した兄は、ルソンで戦死した こうして暮らしが変わっていった
湯川れい子
ページのトップへ