あの頃に比べると、ミュージカルを取り巻く環境はずいぶん変わりました。NHKの朝ドラに目を向ければ、僕や古川雄大をはじめ何人ものミュージカル俳優が出演しています。『FNS歌謡祭』のように、ミュージカルのコーナーが設けられた音楽番組もある。おかげで今やたくさんの方が、ミュージカルの楽しさに気づき、愛してくださっています。

5年前、内心では怖いと思いつつも一歩を踏み出した自分に、「偉かったね。あのとき勇気を出して正解だったよ」と言ってあげたい(笑)。「明るい未来が待っているから安心していいよ」って。

「ボロボロになった彼を演じるため、体重を5キロ落として臨みました。あのとき、球場のグラウンドから見た景色を僕は一生忘れないと思います。」

無人のグラウンドから見えた景色を忘れない

このたび、僕のニューシングル『君に伝えたいこと』が完成しました。作詞作曲は森山直太朗さん。そう、NHK連続テレビ小説『エール』で僕が演じる教え子・佐藤久志の恩師・藤堂(清晴)先生です。

そもそものきっかけは僕のラジオ番組に、直太朗さんがゲストで来てくださったことでした。直太朗さんのギターに合わせて、即興で「さくら(独唱)」をデュエットしたのですが、そのとき何とも言えないの呼吸ですごくいい音楽が作れたんですね。

その後『エール』で共演し、撮影の合間にお話しさせていただくうちに意気投合して。トントン拍子に企画が進み、この楽曲が誕生しました。