インタビュー

山田邦子「毎日新しい体験ばかり!59歳、事務所を退社した理由」
インタビュー 山田邦子「毎日新しい体験ばかり!59歳、事務所を退社した理由」 文句を言うぐらいなら自分でやればいい
山田邦子
覚せい剤で逮捕された、高知東生の今「妻を泣かせた日から…」
インタビュー 覚せい剤で逮捕された、高知東生の今「妻を泣かせた日から…」 当事者の立場で、体験を語り続ける
高知東生
岩井勇気「30代独身、一人暮らしをしている僕の〈どうでもいい日常〉」
インタビュー 岩井勇気「30代独身、一人暮らしをしている僕の〈どうでもいい日常〉」 連載・私の書いた本『僕の人生には事件が起きない』
岩井勇気
小田貴月「高倉健の遺志と名誉を守るのが、養女としての使命です」
インタビュー 小田貴月「高倉健の遺志と名誉を守るのが、養女としての使命です」 ただひとり、彼を看取って
小田貴月
美内すずえ 『ガラスの仮面』に行き詰まった時、ある出会いで「紅天女」が動きだした
インタビュー 美内すずえ 『ガラスの仮面』に行き詰まった時、ある出会いで「紅天女」が動きだした あの幻の名作がオペラに
美内すずえ
市原悦子が遺した言葉「悩んでも憂鬱になるだけ、だからいつも笑っているの」
インタビュー 市原悦子が遺した言葉「悩んでも憂鬱になるだけ、だからいつも笑っているの」 長く患ってようやく自分が見えてきた
市原悦子
犬飼貴丈 仮面ライダー、「なつぞら」を経て…2020年はさんま主演の舞台に挑戦!
インタビュー 犬飼貴丈 仮面ライダー、「なつぞら」を経て…2020年はさんま主演の舞台に挑戦! 集中力を生かす
犬飼貴丈
村雨辰剛「これぞ天職! スウェーデン出身の僕が庭師になった理由」
インタビュー 村雨辰剛「これぞ天職! スウェーデン出身の僕が庭師になった理由」 日本庭園のよさを世の中に訴えたい
村雨辰剛
堀ちえみロングインタビュー ステージⅣの告知から10ヵ月、舌がんと食道がんから生還して
インタビュー 堀ちえみロングインタビュー ステージⅣの告知から10ヵ月、舌がんと食道がんから生還して ささやかな幸せに気がついた
堀ちえみ
武井壮「兄の死、日本一からの方向転換。少年時代の不安が、僕に「稼ぐ力」を与えてくれた」
インタビュー 武井壮「兄の死、日本一からの方向転換。少年時代の不安が、僕に「稼ぐ力」を与えてくれた」 お金とは“ 自由への鍵”
武井壮
郷ひろみ 体のキレの秘密「黄金の肉体は、24時間365日のコントロールから」
インタビュー 郷ひろみ 体のキレの秘密「黄金の肉体は、24時間365日のコントロールから」 僕が「郷ひろみ」でいられる場所
郷ひろみ
演歌界の貴公子・山内惠介「半地下アパートのどん底生活から『紅白』に出場するまで」
インタビュー 演歌界の貴公子・山内惠介「半地下アパートのどん底生活から『紅白』に出場するまで」 月をスポットライト代わりにして
山内惠介
由紀さおり 離婚、子宮筋腫…試練と出会いを糧に、歌い続けて半世紀
インタビュー 由紀さおり 離婚、子宮筋腫…試練と出会いを糧に、歌い続けて半世紀 「この道」を選んでよかった――そう言い切れる人生を
由紀さおり
星野源「〈好きだ〉という気持ちを原動力に歩んでいきたい」
インタビュー 星野源「〈好きだ〉という気持ちを原動力に歩んでいきたい」 心の裡に煮えたぎるマグマ
星野源
女優・山本陽子の片づけ奮闘記「深夜の模様替えなどを経て、捨てるものが明確に」
インタビュー 女優・山本陽子の片づけ奮闘記「深夜の模様替えなどを経て、捨てるものが明確に」 第二の人生を楽しむために、熱海へ移住して
山本陽子
森昌子「恩人の死、母との絆…還暦を迎えて、私が芸能界引退を決めた理由」
インタビュー 森昌子「恩人の死、母との絆…還暦を迎えて、私が芸能界引退を決めた理由」 人生の残り時間を考えて
森昌子
細川貂々『ツレうつ』から10年。夫が無職のまま、子どもも生まれ…「ツレが楽しいならそれでいい」
インタビュー 細川貂々『ツレうつ』から10年。夫が無職のまま、子どもも生まれ…「ツレが楽しいならそれでいい」 今、苦しい時期の真っ只中にいる人へ
細川貂々
元ドロンズ大島直也 母の介護で仕事は激減、借金も…「それでも、母を支えたかった」
インタビュー 元ドロンズ大島直也 母の介護で仕事は激減、借金も…「それでも、母を支えたかった」 何より大事なのは「情報」
大島直也
「カメ止め」怪演女優・どんぐりの半生「OL、裁判所勤務を経て、生きやすい道を見つけた」
インタビュー 「カメ止め」怪演女優・どんぐりの半生「OL、裁判所勤務を経て、生きやすい道を見つけた」 コンプレックスだった自分の容姿や声を、個性に
どんぐり
瀬戸内寂聴、台風の被災地への思い「災害の多いこの国に生きる」
インタビュー 瀬戸内寂聴、台風の被災地への思い「災害の多いこの国に生きる」 手を取って一緒に泣いてあげるだけでいい
瀬戸内寂聴
ページのトップへ