インタビュー

宍戸錠の娘・紫しえが語る「ハードボイルドな父の最期、弟たちを葬儀に呼ばなかった理由」
インタビュー 宍戸錠の娘・紫しえが語る「ハードボイルドな父の最期、弟たちを葬儀に呼ばなかった理由」 我が家は“普通ではない”家族だった
紫しえ
『スカーレット』モデルの実話。「白血病と告げられ震えが止まらなかった」〈神山清子の半生・後編〉
インタビュー 『スカーレット』モデルの実話。「白血病と告げられ震えが止まらなかった」〈神山清子の半生・後編〉 信楽の火と土が、ここまで私を生かしてくれた
神山清子
『スカーレット』モデルの実話。「貧困、夫の裏切り…境遇なんぞに負けてたまるか!」〈神山清子の半生・前編〉
インタビュー 『スカーレット』モデルの実話。「貧困、夫の裏切り…境遇なんぞに負けてたまるか!」〈神山清子の半生・前編〉 信楽の火と土が、ここまで私を生かしてくれた
神山清子
安蘭けい「宝塚のトップを目指すことを諦めた瞬間に、運気が向いてきた」
インタビュー 安蘭けい「宝塚のトップを目指すことを諦めた瞬間に、運気が向いてきた」 大女優の役に年齢が追い付いて
安蘭けい
窪美澄「偶然、夫が性風俗店へ通っている証拠を見つけたら…」
インタビュー 窪美澄「偶然、夫が性風俗店へ通っている証拠を見つけたら…」 連載・私の書いた本『たおやかに輪をえがいて』
窪美澄
大谷亮平「地獄のようなバレー部時代、韓国での人気CM抜擢を経て、日本でブレイクするまで」
インタビュー 大谷亮平「地獄のようなバレー部時代、韓国での人気CM抜擢を経て、日本でブレイクするまで」 初めて舞台に挑戦します
大谷亮平
梅宮アンナ「〈腎臓をあげるよ〉という提案を、パパは喜んでくれた」
インタビュー 梅宮アンナ「〈腎臓をあげるよ〉という提案を、パパは喜んでくれた」 父を超える愛をくれる人には出会えない
梅宮アンナ
ベッキー「キューピッドは愛犬お市。実家と新しい家族の縁がつながった」
インタビュー ベッキー「キューピッドは愛犬お市。実家と新しい家族の縁がつながった」 NO PETS,NO LIFE. ウチの子と私
ベッキー
青木さやか「娘に触れる母に抱いた嫌悪感。最期にわだかまりを解消しようとして」
インタビュー 青木さやか「娘に触れる母に抱いた嫌悪感。最期にわだかまりを解消しようとして」 受け取った手紙は、封を切らぬまま
青木さやか
サンシャイン池崎「芸人として売れたら、猫を飼うぞ!と決めていた」
インタビュー サンシャイン池崎「芸人として売れたら、猫を飼うぞ!と決めていた」 NO PETS,NO LIFE. ウチの子と私
サンシャイン池崎
純烈・小田井涼平「一度は断ったものの決断した理由は」
インタビュー 純烈・小田井涼平「一度は断ったものの決断した理由は」 今こそ見たい、純烈〈第五夜〉
小田井涼平 純烈
相葉裕樹「背中を追いかけたいと思える先輩に出会えた」
インタビュー 相葉裕樹「背中を追いかけたいと思える先輩に出会えた」 追いかけたい背中
相葉裕樹
純烈・後上翔太「続けてこられたのは、〈純烈が楽しいから〉」
インタビュー 純烈・後上翔太「続けてこられたのは、〈純烈が楽しいから〉」 今こそ見たい、純烈〈第四夜〉
後上翔太 純烈
岸惠子「結婚も離婚も…5月1日は私の〈独立記念日〉」【前編】
インタビュー 岸惠子「結婚も離婚も…5月1日は私の〈独立記念日〉」【前編】 私の人生を大きく変えた、3つの節目
岸惠子
純烈・白川裕二郎「決め手は〈親孝行しようぜ〉の一言でした」
インタビュー 純烈・白川裕二郎「決め手は〈親孝行しようぜ〉の一言でした」 今こそ見たい、純烈〈第三夜〉
白川裕二郎 純烈
純烈・酒井一圭「遊園地での戦隊ショーでパフォーマンス力を身につけた」
インタビュー 純烈・酒井一圭「遊園地での戦隊ショーでパフォーマンス力を身につけた」 今こそ見たい、純烈〈第二夜〉
酒井一圭 純烈
大橋未歩「34歳の冬、脳梗塞で入院。サードオピニオンで治療法を見つけて」
インタビュー 大橋未歩「34歳の冬、脳梗塞で入院。サードオピニオンで治療法を見つけて」 人生はままならないもの
大橋未歩
濱野ちひろ「動物性愛——動物を対等に〈愛する〉人々を追いかけた理由」
インタビュー 濱野ちひろ「動物性愛——動物を対等に〈愛する〉人々を追いかけた理由」 連載・私の書いた本『聖なるズー』
濱野ちひろ
荻野アンナのキリギリス式老後「亡き母の絵画修復費で、ベンツ1台分のお金が飛んでいく」
インタビュー 荻野アンナのキリギリス式老後「亡き母の絵画修復費で、ベンツ1台分のお金が飛んでいく」 お金はあの世にはもっていけないから
荻野アンナ
エレカシ・宮本浩次「『あなたは大器晩成型だもの』母の言葉が僕の歌を支えている」
インタビュー エレカシ・宮本浩次「『あなたは大器晩成型だもの』母の言葉が僕の歌を支えている」 いまも、全力で走り続けて
宮本浩次
ページのトップへ