インタビュー

高嶋ちさ子「たまに炎上するけれど…私の折れない心は、〈気の抜けない家〉で育まれたもの」
インタビュー 高嶋ちさ子「たまに炎上するけれど…私の折れない心は、〈気の抜けない家〉で育まれたもの」 自粛生活を体験しなかったら
高嶋ちさ子
山田孝之「プロデューサー、社長業…俳優である僕が、活動の幅を広げる理由」
インタビュー 山田孝之「プロデューサー、社長業…俳優である僕が、活動の幅を広げる理由」 「誰にもできないことをやっている」と胸を張っていたいから
山田孝之
さだまさし「歌い、聴く自由を取り戻すために。僕なりに闘い続けます」
インタビュー さだまさし「歌い、聴く自由を取り戻すために。僕なりに闘い続けます」 新型コロナによって大きく変わった世界で
さだまさし
長澤まさみ 「どんな性格ですか」と聞かれると困ってしまう理由
インタビュー 長澤まさみ 「どんな性格ですか」と聞かれると困ってしまう理由 心に残る時間
長澤まさみ
ピース・又吉直樹「作家と芸人、二つの道。憧れていた親とは違う生き方を選んで」
インタビュー ピース・又吉直樹「作家と芸人、二つの道。憧れていた親とは違う生き方を選んで」 ケツを叩かれないとダメ
又吉直樹
村井理子「疎遠だった兄の遺体を引き取り、後始末をした怒濤の5日間」
インタビュー 村井理子「疎遠だった兄の遺体を引き取り、後始末をした怒濤の5日間」 連載・私の書いた本『兄の終い』
村井理子
上戸彩「4歳児、0歳児を育てながら演じる『半沢直樹』。子どもの頃からの夢とプロ意識」
インタビュー 上戸彩「4歳児、0歳児を育てながら演じる『半沢直樹』。子どもの頃からの夢とプロ意識」 すべてが糧に
上戸彩
レイザーラモンRG「〈ハッタリ〉が僕の最大の武器。あらゆる仕事を渡り歩いたRG流・処世術」
インタビュー レイザーラモンRG「〈ハッタリ〉が僕の最大の武器。あらゆる仕事を渡り歩いたRG流・処世術」 嫌われ者になったとき助けてくれたのは
レイザーラモンRG
瀬戸康史「仕事一筋の僕に変化が! 13歳の女の子に教えられたこと」
インタビュー 瀬戸康史「仕事一筋の僕に変化が! 13歳の女の子に教えられたこと」 知らないものに触れたい
瀬戸康史
鈴木保奈美「『SUITS/スーツ』撮影が中断。落ち込んだところは家族にも見せず」
インタビュー 鈴木保奈美「『SUITS/スーツ』撮影が中断。落ち込んだところは家族にも見せず」 本当に自分にとって必要なのは
鈴木保奈美
大谷亮平「地獄のようなバレー部時代、韓国での人気CM抜擢を経て、日本でブレイクするまで」
インタビュー 大谷亮平「地獄のようなバレー部時代、韓国での人気CM抜擢を経て、日本でブレイクするまで」 オリンピックを目指していたことも
大谷亮平
原田美枝子「認知症の母はある日言った『私ね、15の時から、女優やってるの』」
インタビュー 原田美枝子「認知症の母はある日言った『私ね、15の時から、女優やってるの』」 移ろいゆく記憶の向こうに見えたもの
原田美枝子
西川貴教「公務員一家から歌手の道に進んだ〈異端児〉が、地元への愛を叫ぶまで」
インタビュー 西川貴教「公務員一家から歌手の道に進んだ〈異端児〉が、地元への愛を叫ぶまで」 大好きな母ちゃんに孫を抱かせてあげたかった
西川貴教
三浦祐太朗「音楽の世界に進みたいという気持ちを、両親に告げたとき」
インタビュー 三浦祐太朗「音楽の世界に進みたいという気持ちを、両親に告げたとき」 僕が歌手になったのは必然だった
三浦祐太朗
大宅賞受賞・小川さやか「タンザニア商人の社会を支える〈ついで〉の精神」
インタビュー 大宅賞受賞・小川さやか「タンザニア商人の社会を支える〈ついで〉の精神」 連載・私の書いた本『チョンキンマンションのボスは知っている アングラ経済の人類学』
小川さやか
高橋秀実「人生の達人たちに学ぶ晴れやかに生きるコツ」
インタビュー 高橋秀実「人生の達人たちに学ぶ晴れやかに生きるコツ」 連載・私の書いた本『一生勝負 マスターズ・オブ・ライフ』
高橋秀実
松永拓也「池袋暴走事故で失った妻子に〈やれることはすべてやったよ〉といつか報告したいから」
インタビュー 松永拓也「池袋暴走事故で失った妻子に〈やれることはすべてやったよ〉といつか報告したいから」 実名で活動、という覚悟と決意
松永拓也
佐伯チズが遺した言葉「誰でも何歳からでも、キレイになれる。美肌師の使命を全うしたい」
インタビュー 佐伯チズが遺した言葉「誰でも何歳からでも、キレイになれる。美肌師の使命を全うしたい」 病床からのメッセージ
佐伯チズ
清原翔「人前に立つのが苦手だった僕が、役者を目指した理由」
インタビュー 清原翔「人前に立つのが苦手だった僕が、役者を目指した理由」 連載:愛でたい男
清原翔
加藤清史郎 「こども店長」だった僕がイギリス留学で見つけたもの
インタビュー 加藤清史郎 「こども店長」だった僕がイギリス留学で見つけたもの 海老蔵さんの言葉に背中を押されて
加藤清史郎
ページのトップへ