吉永みち子

吉永みち子

よしなが・みちこ
ノンフィクション作家

1950年埼玉県生まれ。大学卒業後、競馬専門紙『勝馬』の記者を経て作家に。吉永正人騎手と結婚し、『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。執筆活動のほか、テレビコメンテーターとしても活躍。著書に『老いの世も目線を変えれば面白い』ほか

ページのトップへ