林真理子

林真理子

はやし・まりこ

1954年山梨県生まれ。日本大学藝術学部卒業後、コピーライターとして活躍。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞を受賞。その後、柴田錬三郎賞、吉川英治文学賞などを受賞。2020年には日本文藝家協会の理事長に女性として初めて選出された。近著に『綴る女』(小社刊)など

ページのトップへ