小林ばく

こばやし・ばく
ムロツヨシ「頼れる相手は7歳下の小栗旬。45歳でようやく弱音を吐いたり、寂しいと言えるようになった」
インタビュー ムロツヨシ「頼れる相手は7歳下の小栗旬。45歳でようやく弱音を吐いたり、寂しいと言えるようになった」 「家族」との向き合い方も変わった
鈴鹿央士「広瀬すずさんの推しでデビュー。『ドラゴン桜』の嫌な奴・藤井は親友から心配されるほどの完成度」
インタビュー 鈴鹿央士「広瀬すずさんの推しでデビュー。『ドラゴン桜』の嫌な奴・藤井は親友から心配されるほどの完成度」 連載:愛でたい男
古田新太、松坂桃李の《怒り》の収め方「相手の悪口言って、後はもう付き合わない」
対談 古田新太、松坂桃李の《怒り》の収め方「相手の悪口言って、後はもう付き合わない」 【対談】カメラの前で役者が思うこと
渡邊圭祐「『推しの王子様』の航のように無気力だった時期も。憧れは窪塚洋介さんと長瀬智也さん」
インタビュー 渡邊圭祐「『推しの王子様』の航のように無気力だった時期も。憧れは窪塚洋介さんと長瀬智也さん」 連載:愛でたい男
赤楚衛二「〈人は人、自分は自分〉。世界がガラッと変わった後『チェリまほ』の撮影があって」
インタビュー 赤楚衛二「〈人は人、自分は自分〉。世界がガラッと変わった後『チェリまほ』の撮影があって」 連載:愛でたい男
奥野壮「『ジオウ』の放送を観て心がバキッ。挫折を味わったことで客観視できた」
インタビュー 奥野壮「『ジオウ』の放送を観て心がバキッ。挫折を味わったことで客観視できた」 連載:愛でたい男
竹内涼真「現在28歳。〈かっこよく見られたい〉という欲は消えました」
インタビュー 竹内涼真「現在28歳。〈かっこよく見られたい〉という欲は消えました」 ようやく役者として入り口に立てた
笠松将「エキストラから這い上がった実力派。努力すれば、過去を笑い話にできる」
インタビュー 笠松将「エキストラから這い上がった実力派。努力すれば、過去を笑い話にできる」 連載:愛でたい男
東啓介「自分の武器は何かと考え抜いて、歌に行き着いた」
インタビュー 東啓介「自分の武器は何かと考え抜いて、歌に行き着いた」 連載:愛でたい男
金子大地「高校3年の時の衝動が今の自分につながっている」
インタビュー 金子大地「高校3年の時の衝動が今の自分につながっている」 連載:愛でたい男
前山剛久「2.5次元舞台からさらに、芝居の魅力を深めたい」
インタビュー 前山剛久「2.5次元舞台からさらに、芝居の魅力を深めたい」 連載:愛でたい男
浅香航大「演じることは心のバランスを保つ安定剤のようなもの」
インタビュー 浅香航大「演じることは心のバランスを保つ安定剤のようなもの」 連載:愛でたい男
工藤阿須加 プロ野球選手の父のために開いていた《きょうだい会議》とは
インタビュー 工藤阿須加 プロ野球選手の父のために開いていた《きょうだい会議》とは 挫折を乗り越え、夢を見つけて
三浦春馬が遺した言葉「〈劇的〉でない、日々の出会いの大切さが身に染みて」
インタビュー 三浦春馬が遺した言葉「〈劇的〉でない、日々の出会いの大切さが身に染みて」 自分は何に対して心が動くのか、温かくなるのか
日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞! 真田ナオキ「君は歌の才能がない」――悩んだ末に選んだ道は
インタビュー 日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞! 真田ナオキ「君は歌の才能がない」――悩んだ末に選んだ道は 連載:愛でたい男
塩野瑛久「演じてみたいのは高校生! 旬を逃さぬうちに」
インタビュー 塩野瑛久「演じてみたいのは高校生! 旬を逃さぬうちに」 連載:愛でたい男
中川大志「女性がグッとくるシーンは違うと思うから」〈愛でたい男Special〉
インタビュー 中川大志「女性がグッとくるシーンは違うと思うから」〈愛でたい男Special〉 連載:愛でたい男
山田孝之「プロデューサー、社長業…俳優である僕が、活動の幅を広げる理由」
インタビュー 山田孝之「プロデューサー、社長業…俳優である僕が、活動の幅を広げる理由」 「誰にもできないことをやっている」と胸を張っていたいから
ピース・又吉直樹「作家と芸人、二つの道。憧れていた親とは違う生き方を選んで」
インタビュー ピース・又吉直樹「作家と芸人、二つの道。憧れていた親とは違う生き方を選んで」 ケツを叩かれないとダメ
深田恭子「私、物事を途中で投げ出したことがないんです」
ニュース 深田恭子「私、物事を途中で投げ出したことがないんです」 友だちづきあいは家族ぐるみで
ページのトップへ