末井昭

すえい・あきら

1948年岡山県生まれ。エッセイスト、フリー編集者。工員、キャバレーの看板描き、イラストレーターなどを経て、1975年にセルフ出版(現・白夜書房)設立に参加。編集者として『ウィークエンドスーパー』『写真時代』『パチンコ必勝ガイド』など15誌ほどの雑誌を創刊。2012年、白夜書房を退社。現在、執筆活動しながら、ペーソスというバンドにテナーサックスでときどき参加。2014年、著書『自殺』が第30回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『素敵なダイナマイトスキャンダル』、『自殺会議』、『結婚』、『末井昭のダイナマイト人生相談』、『パチンコからはじまる〇×△な話』(山崎一夫・西原理恵子との共著)などがある

ページのトップへ