ヤマザキマリ

ヤマザキマリ

やまざき・まり

漫画家・文筆家。東京造形大学客員教授。1967年東京生まれ。84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。2015年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。著書に『プリニウス(とり・みきと共著)『オリンピア・キュクロス』『国境のない生き方』『ヴィオラ母さん』など。

ヤマザキマリ「息子と訪れる八重岳」
エッセイ ヤマザキマリ「息子と訪れる八重岳」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「松田聖子はアイドル界のカエサルだ!」
寄稿 ヤマザキマリ「松田聖子はアイドル界のカエサルだ!」 「一匹オオカミよりグループ」時代のアイドル考
ヤマザキマリ「夫のパスタは常にトマトソースである」
エッセイ ヤマザキマリ「夫のパスタは常にトマトソースである」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「人と触れ合わずに挨拶できるか」
エッセイ ヤマザキマリ「人と触れ合わずに挨拶できるか」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「人生の峠越え」
エッセイ ヤマザキマリ「人生の峠越え」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「我が道を突き進んできた母が、認知症になり、重たい鎧を脱いで」
インタビュー ヤマザキマリ「我が道を突き進んできた母が、認知症になり、重たい鎧を脱いで」 母の姿に、自分の未来が重なるようで
ヤマザキマリ「新型コロナウイルス騒ぎで見えてくる、異文化圏カップルの壁」
エッセイ ヤマザキマリ「新型コロナウイルス騒ぎで見えてくる、異文化圏カップルの壁」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「人生は、思い通りにならないことで溢れている」
エッセイ ヤマザキマリ「人生は、思い通りにならないことで溢れている」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「お化けの出る物件は高額?なかなか合致しない夫婦の家選びの顛末は」
エッセイ ヤマザキマリ「お化けの出る物件は高額?なかなか合致しない夫婦の家選びの顛末は」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「嫉妬心が湧かないのは、全身全霊で相手を愛していないから?」
エッセイ ヤマザキマリ「嫉妬心が湧かないのは、全身全霊で相手を愛していないから?」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「〈ママ〉とは誰? 呼び方に感じる日本の夫婦観」
エッセイ ヤマザキマリ「〈ママ〉とは誰? 呼び方に感じる日本の夫婦観」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「ナポリ湾と思いきや…外国を思い出させる日本」
エッセイ ヤマザキマリ「ナポリ湾と思いきや…外国を思い出させる日本」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「ある朝、夫は『日本人ってパステルカラーだよね』と言った」
エッセイ ヤマザキマリ「ある朝、夫は『日本人ってパステルカラーだよね』と言った」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「酔い方もスカッと爽やか。我が愛しきプロセッコ」
エッセイ ヤマザキマリ「酔い方もスカッと爽やか。我が愛しきプロセッコ」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「なぜかアニマル柄に魅了される女性たち」
エッセイ ヤマザキマリ「なぜかアニマル柄に魅了される女性たち」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「僻地好きの私がハワイにはまった理由」
エッセイ ヤマザキマリ「僻地好きの私がハワイにはまった理由」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「人生を謳歌するための〈中途半端のすすめ〉」
エッセイ ヤマザキマリ「人生を謳歌するための〈中途半端のすすめ〉」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「『おしん』が、イタリアでは理解されがたい理由」
エッセイ ヤマザキマリ「『おしん』が、イタリアでは理解されがたい理由」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「愛して歌って食べて? イタリア家族の仮面が剝がれ落ち」
エッセイ ヤマザキマリ「愛して歌って食べて? イタリア家族の仮面が剝がれ落ち」 連載・地球の住民
ヤマザキマリ「日本の男はイタリア人よりおしゃれ?」
エッセイ ヤマザキマリ「日本の男はイタリア人よりおしゃれ?」 連載・地球の住民
ページのトップへ