「小説」の記事一覧

『残像に口紅を』【筒井康隆<自著を語る 私が書いた中公文庫>】
寄稿
『残像に口紅を』【筒井康隆<自著を語る 私が書いた中公文庫>】
筒井康隆2022年11月10日
国生さゆり 「ネガティブのかたまり」だった私が小説を書き始めた理由。1Kの部屋の荷物を断捨離したら、歯車がうまくかみ合い始めた
インタビュー
国生さゆり 「ネガティブのかたまり」だった私が小説を書き始めた理由。1Kの部屋の荷物を断捨離したら、歯車がうまくかみ合い始めた
国生さゆり2022年10月31日
与謝野晶子の夫・鉄幹を巡る三人の女のさや当てを描く。文芸誌『明星』を創刊、歌人や詩人を多数育てた男の魅力は~『やわ肌くらべ』【東えりかが読む】
エッセイ
与謝野晶子の夫・鉄幹を巡る三人の女のさや当てを描く。文芸誌『明星』を創刊、歌人や詩人を多数育てた男の魅力は~『やわ肌くらべ』【東えりかが読む】
東えりか2022年10月22日
不倫男の吊るしあげ、YouTuberと視聴者、《現在》を切り取った新感覚が詰まった4本の短編集~『嫌いなら呼ぶなよ』【サンキュータツオが読む】
エッセイ
不倫男の吊るしあげ、YouTuberと視聴者、《現在》を切り取った新感覚が詰まった4本の短編集~『嫌いなら呼ぶなよ』【サンキュータツオが読む】
サンキュータツオ2022年10月22日
「男の子なんやね。本当によかった」妻の妊娠を契機に、平穏だった“家族”の崩壊が始まる…。『イオカステの揺籃』序章を特別公開!
寄稿
「男の子なんやね。本当によかった」妻の妊娠を契機に、平穏だった“家族”の崩壊が始まる…。『イオカステの揺籃』序章を特別公開!
遠田潤子2022年09月08日
佐藤愛子98歳、断筆を撤回し、執筆再開宣言!「何もしないでいると、生きている実感がない」いつしか依頼のない原稿を書き始め……8月より連載開始
トレンド
佐藤愛子98歳、断筆を撤回し、執筆再開宣言!「何もしないでいると、生きている実感がない」いつしか依頼のない原稿を書き始め……8月より連載開始
佐藤愛子2022年08月12日
吉田修一 なぜ著者である私も、ふと世之介に会いたくなるのか。彼の人生は「続きがあったはずなのにその先を摘み取ってしまった私たちの未来」
インタビュー
吉田修一 なぜ著者である私も、ふと世之介に会いたくなるのか。彼の人生は「続きがあったはずなのにその先を摘み取ってしまった私たちの未来」
吉田修一2022年06月13日
直木賞作家・今村翔吾「翔吾くんも諦めてるやん」と生徒に言われ、仕事をやめて作家を目指した。僕も誰かにとっての池波先生になりたい」
インタビュー
直木賞作家・今村翔吾「翔吾くんも諦めてるやん」と生徒に言われ、仕事をやめて作家を目指した。僕も誰かにとっての池波先生になりたい」
今村翔吾2022年05月30日
直木賞作家・今村翔吾「〈幸村〉という名前の絶対的なパワーはなんだろう」「信之の気持ち、わかるわ~」僕の実家と真田家を重ねて描いた
インタビュー
直木賞作家・今村翔吾「〈幸村〉という名前の絶対的なパワーはなんだろう」「信之の気持ち、わかるわ~」僕の実家と真田家を重ねて描いた
今村翔吾2022年05月30日
マンボウやしろ「未来から振り返ったコロナ禍を描くため、俯瞰し観察し続けた2年間。実際に自分が罹って気づいたことは」
インタビュー
マンボウやしろ「未来から振り返ったコロナ禍を描くため、俯瞰し観察し続けた2年間。実際に自分が罹って気づいたことは」
マンボウやしろ2022年04月12日
世界幻想文学大賞受賞!『おばちゃんたちのいるところ』。〈死んでからのほうが生き生きとしている妻〉が放つ爽快な本音とは? 共感必至の短篇「楽しそう」前半部を公開
寄稿
世界幻想文学大賞受賞!『おばちゃんたちのいるところ』。〈死んでからのほうが生き生きとしている妻〉が放つ爽快な本音とは? 共感必至の短篇「楽しそう」前半部を公開
松田青子2022年04月05日
逃げ続けた人生にも、タラント―使命―は宿る。角田光代による慟哭の長篇小説『タラント』導入部を特別公開!
寄稿
逃げ続けた人生にも、タラント―使命―は宿る。角田光代による慟哭の長篇小説『タラント』導入部を特別公開!
角田光代2022年02月26日
本屋大賞受賞後第一作は母と娘の物語。町田そのこ『星を掬う』冒頭を一挙掲載!
寄稿
本屋大賞受賞後第一作は母と娘の物語。町田そのこ『星を掬う』冒頭を一挙掲載!
町田そのこ2021年10月30日
58歳で急逝してから1年。作家・山本文緒さんが最後に受賞した文芸賞への思いとは《中央公論文芸賞・受賞のことば・講評》
ニュース
58歳で急逝してから1年。作家・山本文緒さんが最後に受賞した文芸賞への思いとは《中央公論文芸賞・受賞のことば・講評》
婦人公論編集部「婦人公論.jp」編集部2022年10月25日
吉田篤弘の小説・第1話「中庭のオレンジ」
寄稿
吉田篤弘の小説・第1話「中庭のオレンジ」
吉田篤弘2021年10月18日
ページのトップへ